スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママチャリ(アルベルト)のライト交換&J2端子化。

車種はブリヂストンのアルベルト。えっと、10年ほど乗ってるので多分初代アルベルト(2003年モデル)だと思います。

ある日突然ライトが点かなくなりました。
アルベルトのライトは止まるとハザードランプみたいなのが数秒間ピコピコと点滅する仕組みになってるのですがこちらは点きます。と言うことでハブダイナモは生きてるっぽいのでライトの交換をしてみました。

まぁ、新しいライトを買ってきて取り付ければ良いだけなので簡単だろう...っと思いきや、これが結構大変だったりします。
今売られているハブダイナモ用のライトはJ2端子と言われる端子が2つあるタイプが主流です。
そしてマイチャリのアルベルトはJ1端子と言われる端子が1つしか無いタイプです。
さあどうしよう...。

方法は2つあります。
1.J1端子のハブダイナモ用のライトを探す。
アルベルトは最新型(2014年3月現在)でもJ1端子(ライトがJ1端子でハブダイナモはJ2端子)が使われているのでアルベルトの補修パーツを探せば手に入ると思います。まぁ、とりあえずアルベルトを扱ってるお店に相談しましょう。ただ、結構高いです(5000円位します)。

2.J1端子のハブダイナモをJ2端子化する。
シマノのハブダイナモだったら「シマノ SM-DH50」と言う金具を使えば簡単にJ2端子化が出来ます。ただし...。2013年に生産終了したので流通在庫が無くなれば手に入らなくなります。欲しい人はお早めに...。

ちなみにJ1端子はプラス端子とボディアース。J2端子はプラス端子とアース端子。プラス端子はJ1もJ2も共通の端子。つまり、J1とJ2の違いはボディアースかハブダイナモに直接アースを繋ぐかの違いなので、J1端子のハブダイナモにJ2端子(ライト)のプラス端子だけを繋げてアース端子は適当にボディへ繋げれば点くと思います。まぁ、最悪この方法もあるよ...と言うことで。

で、私は2を選択しました。
「シマノ SM-DH50」は気合で探しました。ちなみに2014年3月現在Amazonには売ってません...。
シマノ LP-X200 カゴ下マウント J2端子 ハブダイナモ用ライト グレー(ALPX200J2G)
ライトはこちらを購入。

マイチャリのアルベルトはシマノのハブダイナモだったので「シマノ SM-DH50」は問題なく付きました。ちなみに前輪を外してギザワッシャーの代わりにSM-DH50をはめるだけです。
ライトの「シマノ LP-X200」も問題無かったです。カゴとカゴステーを固定してるネジを外せばライトが外れるのでそのまま交換するだけです。

と言うことで...。J2端子化してしまえば簡単です。
ちなみに交換したライトの「シマノ LP-X200」の性能は普通でした。前のライトと比べて特に明るくなったと言う事は無く、特に暗くなったという事もなく...まぁ、普通でした。

ちなみに高性能なハブダイナモ用ライトが欲しい...と言う場合は。
スリム6-LEDビームランプ【NKL792+NCB196K】
こんなのも売ってます。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。