スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ESCAPE R3で使う自転車用メガネのメモ。

主に紫外線対策で自転車用...と言うか自転車向きのメガネが欲しくなったのでその事についてのメモ。

プラスチックは紫外線の通過率が低いのでプラスチックのレンズならその時点で紫外線カットの効果があり。
ただし、普通のメガネでは目とメガネの隙間から紫外線が入ってくるので紫外線カットの効果は薄い。それと、ただのプラスチックレンズだと紫外線の一部をカットするだけで完全ではないそうです。
とりあえず...。紫外線対策を考えるならフレームが重要。

調光レンズ。
紫外線対策とは関係無いですが、ゴーグルみたいに目の周りを覆うメガネとなるとスポーツ用になり、スポーツ用メガネとなると調光レンズが付くのが多いです。
で、調光レンズとは紫外線の量によってレンズに色が付くレンズの事です。つまり、自動で明るさを調整するレンズです。
一見便利そうなレンズなのですが色々と欠点もあります。
まず、勝手に明るさを調整されてしまうので人によってはこれが鬱陶しいかもしれません。
暗い所から明るい所へ移動などレンズの色が濃くなるスピードは速いのですが、逆に明るい所から暗い所へ移動などレンズの色が薄くなるスピードは遅いのが一般的です。
劣化によってレンズの色が濃く・薄くなる速度が遅くなります。さらに大体2・3年ほどの寿命があります。
レンズの色は濃い方が紫外線カットの効果が大きい...と思いきや、レンズの素材による紫外線の通過率の方が重要で色の濃さは重要ではないみたいです。むしろ、レンズの色が濃くなると瞳孔が開くので紫外線対策としてはマイナスとも言われてます。
まぁ、自転車「専用」メガネなら有っても良いと思うけど、日常でも使うメガネなら無い方が良いかも。

偏光レンズ。
こちらも紫外線対策とは関係無いですがスポーツ用メガネに付く事が多いです。
ちなみにカメラ好きな人ならPLフィルターと言えばピンと来るかもしれません。
簡単に言うと水面、雪面、ガラス面などに反射した光(鏡みたいに反射した映像も含む)をカットするレンズです。
水面、雪面、ガラス面などから反射するギラギラな光をカットしたり、反射して写る映像もカットできるので水の中やガラスの向こう側が見えやすくなります。
さらに空中にあるチリやホコリによって起きる乱反射もカットできるので空がより青くなったりなどコントラストも高くなります。
まぁ、自転車用としてはアスファルトからのギラツキをカット出来るというのが大きいと思います。
ただ、欠点も多いです。
良くも悪くも反射した光をカットしてしまうので肉眼で見た映像と違う映像になります。
強制的に色が付く上に通す光を選別するので暗くなります。夜間には向きません。選んだ色によっては曇りの日にも向かないです。
カメラ好きな人なら知ってると思いますが通常PLフィルターはカットする反射光の角度を調整して使う物なのですがメガネの偏光レンズでは角度が固定。ちなみにメガネの偏光レンズの場合は通常下方向からの反射光をカットするように設定されてるそうです。
こちらもカメラ好きな人なら知ってると思いますが寿命が短いです。大体2・3年。使い方次第ではそれ以下。
まぁ、こちらも自転車「専用」メガネなら有っても良いと思いますが、日常でも使うメガネなら欠点の方が多くなると思うのでその場合は無い方が良いと思います。

ミラーレンズ。
こちらも紫外線対策とは関係無いですがスポーツ用メガネに付く事が多いです。
カラーレンズ(もしくは調光レンズ)とセットが基本です。カラーレンズの色が濃いとミラーの効果も大きなりカラーレンズの色が薄いとミラーの効果も小さくなります。ちなみに透明なレンズにミラー加工をする事も可能です...が、ミラーの効果はかなり小さくなります。
ミラーレンズの場合は自分の目や後ろの背景も反射してしまう(レンズに自分の目や後ろの背景が写り込む)ので注意。
カラーレンズもそうですが夜間には向かないので注意。そもそもカラーレンズの時点で夜間に向かないのにそれに加えてミラーも入れると暗くて見え難いのに加えて後ろの背景も反射するのでもの凄く夜間に向かなくなります。さらにメガネの場合はサングラスと違って暗くなったら外す...と言うのが出来ないのでカラーレンズ・ミラーレンズを選択する場合は良く考えた方が良いと思います。

紫外線カットレンズは2種類あり。
ひとつはレンズを作る時に紫外線吸収剤を配合したレンズ。
もうひとつはレンズの表面に紫外線カットコーティングをしたレンズ。
前者の方が耐久性が高いみたいですが実際の所は不明...。後者はただのコーティングなので2・3年で剥がれてしまうそうです。
けど、プラスチックのレンズ自体に紫外線カットの効果があるのでそれだけでも紫外線対策としては大きいと思います。

レンズの曲がり具合。
大きく分けて、非球面、球面、ハイカーブの3種類あり。
非球面 < 球面 < ハイカーブ の順に曲がり具合が大きく、曲がり具合が大きくなると見え方がレンズの中心から外側にかけて歪んでいきます。
まぁ、見え方重視なら非球面が良いのですが、非球面の場合は平らなレンズになるのでゴーグルみたいに目の周りを覆うメガネ...というのは難しいです。つまり紫外線対策としては弱くなります。
まぁ、この辺は見え方と紫外線対策のトレードオフの関係になると思います。


スポーツ用メガネを扱ってるお店やブランド(2013年9月現在):
メガネのパリミキ
http://www.paris-miki.co.jp/
自社ブランド。スポーツメガネのブランド名「SP EXTREMES CYCLE(自転車専用)」。
自転車専用メガネと言うのが有り。ただし、値段がもの凄く高い。
フレーム23,000円 + レンズ10,500円(目が悪い人は実質21,000円からになると思います)。

メガネの愛眼
http://www.aigan.co.jp/
スポーツメガネのブランド名「STORM RIDER」など。
扱ってるスポーツ用メガネのブランド(フレームメーカー)が多いです。自社ブランドは無しかな?。
薄型レンズ付で18,800円位。
「AGREVISION TECH SYSTEM」と言う通常他のお店ではレンズのカーブが強すぎて度入りに出来ないサングラスのフレームでも度入りに出来る特殊加工システムがあり。サングラス(フレーム)代金 + レンズ代金(10,000円から) + 3Dレンズ加工(10,000円)。

眼鏡市場
http://www.meganeichiba.jp/
スポーツメガネのブランド名「アイアスリート」。
自社ブランド。どちらかと言うと普段使い重視かな?。
レンズ付きのメガネ一式価格で18,900円。超薄型非球面レンズにするなどレンズの薄さの変更で追加料金は無し。+2,100円でUV Wプロテクトなど付加価値商品はあり。

Zoff
http://www.zoff.co.jp/
スポーツメガネのブランド名「ZOFF ATHLETE」。
自社ブランド。とにかく安い。
標準レンズ付きで7,350円。ちなみに薄型非球面レンズが+5,250円。超薄型非球面レンズが+7,350円と+9,450円。まぁ、目が悪い人は実質+9,450円になると思います。

メガネストアー
http://www.meganestore.co.jp/
スポーツメガネのブランド名「D・opt SPORTS RX」。
自社ブランド。こちらも安いです。どちらかと言うと普段使い重視かな?。
スポーツ用クリアレンズセットで12,600円。セットのレンズは屈折率1.59なので薄型(超薄型では無い)レンズ相当かな?。

メガネスーパー
http://www.meganesuper.co.jp/
スポーツメガネのブランド名「AGILE+ SPORT」。
自社ブランド。こちらも安いです。どちらかと言うと普段使い重視かな?。
レンズが付いた一式価格12,600円。超薄型非球面レンズにするなどレンズの薄さの変更で追加料金は無し。超薄型非球面レンズを前提で考えるとコストパフォーマンスはかなり凄いかも。

JINS
http://www.jins-jp.com/
スポーツメガネのブランド名「JINS SPORTS」など。
自社ブランド。厳密に言うとメガネではなく度付きサングラス。少し前までJINS Cycleと言う自転車専用ブランドも有ったのですがディスコンっぽい。
度付きサングラスなので度数制限あり。それと、普段使いには難しいと思うので自転車専用で買う事になると思います。
フレーム7,990円位 + 度付きレンズへの交換12、000円。

NIKE
http://ja.nikevision.com/
お店ではなくメガネのフレームメーカーです。
メガネの愛眼でも扱ってますがNIKEの取扱店なら個人経営のお店など他のお店でも売ってます。
自転車用としては「NIKE VORTEX」が向いてるかな?。型番は「NI7070」もしくは「NI7071」。
レンズはお店によると思うのでNIKEの取扱店が複数あった場合はレンズについてアレコレと聞いてお店を選ぶと良いと思います。

オークリー
http://jp.oakley.com/
お店ではなくサングラスのメーカーです。
オークリーの取扱店で購入可能です。
サングラスメーカーの度付きサングラス。物は良いのですが値段がもの凄く高いです。度付きサングラスなので度数制限あり。それと、普段使いには難しいと思うので自転車専用で買う事になると思います。
度付完成品価格45,150円から。フレームを良い物にして偏光レンズに反射防止コートとか少しこだわると6万円とか7万円とか行きます。


とりあえずざっと調べた感じでの候補...。
第一候補:
NIKEの「NIKE VORTEX」。
普段使い、自転車用、値段のバランスが良さそうなので第一候補はこれにしました。
どちらかというと普段使いで使えるのか...が心配なのでその辺は現物を見てから判断する予定。それと、レンズ込みでいくらになるか...。
ちなみにレンズは普段使いも予定してるので、非球面レンズ・レンズを作る時に紫外線吸収剤を配合したUVカットレンズ・反射防止コート、と言うシンプルなレンズにする予定。

第二候補:
眼鏡市場の「アイアスリート」。
NIKEのVORTEXが普段使いで無理っぽそうだったらこちらにする予定。
こちらはどちらかと言うと自転車用として使えるのか...が心配なのでその辺は現物を見てから判断する予定。

第三候補:
まだ考え中...。
NIKEのVORTEXが普段使いで無理っぽそうでかつ、眼鏡市場のアイアスリートが自転車用として無理っぽそうだったら普段使い用と自転車用の2つのメガネを使う方向で再度検討する予定。
NIKEのVORTEXがレンズ込みの値段でメガネのパリミキの「SP EXTREMES CYCLE」と大して変わらない値段だったらSP EXTREMES CYCLEも検討する予定。


NIKE VORTEX NI7071/3を購入しました。
詳しくは「スポーツ用メガネ NIKE VORTEX NI7071/3」こちら。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。