スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルテグラ6800 vs アルテグラ6700。重量の比較。

カタログスペックでの比較です。

もしかしたらアルテグラを買うかもしれないので重量の比較。
アルテグラ6800が発売されたのですが今使ってるホイールはWH-6700なので6800を使いたい場合はホイールも変えないと付けられません...。
という事でアルテグラにするなら6700にする予定なのですが、もし6800と6700を比較して重量差が大きければ少し無理をしてでもホイール交換も含めて6800にしようかと思うのですがどうなるか...。という事で重量の比較です。

クランク:
FC-6800: 765g (170mm, 53-39T, BB重量含む)
FC-6700: 790g (170mm, 53-39T, BB重量含む)
790g-765g=25g
FC-6800の方が25g軽い...と思いきや、実はほとんどBBの重量差だったりします。

SM-BBR60(6800): 77g
SM-BB6700: 92g
92g-77g=15g
HOLLOWTECH IIのクランクは基本的にBBに互換性があるのでHOLLOWTECH II同士の比較でBBの重量差は無意味...という事でBBの重量差を引くと...。
25g-15g=10g
FC-6800の方が10g軽い。って、ほとんど変わらないのね...。

STIレバー:
ST-6800: 425g(左右ペア)
ST-6700: 447g(左右ペア)
447g-425g=22g
ST-6800の方が22g軽い。こちらもほとんど変わらないんですね。ただ、ST-6800の方がブラケットが小さいので手が小さい人はST-6800の方が良いかもしれません。ちなみに私は手が大きい方なのでこの辺はあまり関係無いですが...。
余談ですが、スラムやカンパニョーロのデュアルコントロールレバーにすると100gとか150gとか軽くなります。設計思想の違いなのですが、シマノは重い代わりに耐久性も確保する傾向が強く、スラムやカンパニョーロ(特に上位グレード)はレース用機材と割り切って軽量化へ進む傾向が強いようです。特にデュアルコントロールレバーはこの傾向が濃く出るようでメーカーによっての重量差が大きく出るみたいです。とにかく軽量化重視の場合はスラムやカンパニョーロも候補に入れると面白いかもしれません。
とは言っても、さすがにカンパニョーロにする場合はホイールからドライブトレインまで全ての部品と言っても良い程シマノと決別する必要があるので難しいですが...。ちなみにスラムならリアディレイラー以外は互換性があるのでリアディレイラーとデュアルコントロールレバーをシマノ同士もしくはスラム同士で揃えておけば後は同じ変速段数同士ならごちゃ混ぜにしても問題無いそうです。
SRAM RED 22 DoubleTap Shifters(2013年)(11速): 280g (pair)
SRAM Force 22 DoubleTap Shifters(2013年)(11速): 307g (pair)
SRAM Rival DoubleTap Controls(2013年)(10速): 320g
ERGOPOWER ULTRA-SHIFT SUPER RECORD Controls 11 Speed(2013年): 330g
Ergopower Ultra-Shift RECORD Controls 11 Speed(2013年): 337g

リアディレイラー:
RD-6800-SS: 195g
RD-6700-SS: 189g
189g-195g=-6g
RD-6800-SSの方が6g重い。意外ですね。まぁ、ほとんど誤差だと思いますが。

スプロケ:
CS-6800: 212g(11-23T)
CS-6700: 209g(11-23T)
209g-212g=-3g
CS-6800の方が3g重い。11速(6800)と10速(6700)なのでギアが1枚多い分CS-6800の方が重くなるのは当然だと思うのですが、その割にはほとんど誤差と言っても良い位の差なのでこれはある意味凄いかも。
まぁ、11-23Tでの比較なので11-28TなどCS-6800で1枚増えるギアが大きくなれば重量差も大きくなると思いますが。

フロントディレイラー:
FD-6800-B: 104g
FD-6700-B: 104g
同じです。ちなみにESCAPE R3はバンド式なのでバンドタイプでの比較です。

チェーン:
CN-9000: 243g(114L)
CN-7901: 252g(114L)
252g-243g=9g
CN-9000の方が9g軽い。6800ならCN-9000を、6700ならCN-7901を使うと思うのでCN-9000とCN-7901の比較です。実際はチェーンを切って使うので重量差はこれよりも小さくなると思います。


10g(クランク)+22g(STI)-6g(RD)-3g(スプロケ)+0g(FD)+9g(チェーン)=32g
6800の方が32g軽い。ってこれなら無理して6800にする必要は無いかな...。すでに11速に対応してるホイールをもってるなら迷わず6800を選びますが私の場合はWH-6700しか持ってないので...。
そもそも105とアルテグラのどちらにしようか迷ってる段階だったりしますが...。


-----
おまけ。
デュラエース9000 vs アルテグラ6700。重量の比較。
こちらもカタログスペックでの比較です。

上を狙うにしてもアルテグラが限度な私としてはデュラエースは完全に雲の上の存在なので比較はあまりしたくないのですが一応...。

クランク:
FC-9000: 683g (170mm, 53-39T, BB重量含む)
FC-6700: 790g (170mm, 53-39T, BB重量含む)
790g-683g=107g

そしてBBの重量差。
SM-BB9000: 65g
SM-BB6700: 92g
92g-65g=27g

BBの重量差を引くと...。
107g-27g=80g
FC-9000の方が80g軽い。す、すげぇ...。

STIレバー:
ST-9000: 365g(左右ペア)
ST-6700: 447g(左右ペア)
447g-365g=82g
ST-9000の方が82g軽い。こっちも凄い。

リアディレイラー:
RD-9000-SS: 158g
RD-6700-SS: 189g
189g-158g=31g
RD-9000-SSの方が31g軽い。

スプロケ:
CS-9000: 166g(11-23T)
CS-6700: 209g(11-23T)
209g-166g=43g
CS-9000の方が43g軽い。

フロントディレイラー:
FD-9000-B: 76g
FD-6700-B: 104g
104g-76g=28g
FD-9000-Bの方が28g軽い。バンド式です。

チェーン:
CN-9000: 243g(114L)
CN-7901: 252g(114L)
252g-243g=9g
CN-9000の方が9g軽い。


80g(クランク)+82g(STI)+31g(RD)+43g(スプロケ)+28g(FD)+9g(チェーン)=273g
さすがに値段が高いだけはありますね。ちなみに価格差は約7万7千円ほど...。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。