スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィニッシュライン セラミックウェットルーブ


フィニッシュライン セラミックウェットルーブ 120ml

チェーンオイル。
購入時の価格:近所のスポーツデポで1344円(多分定価)。
買ったのは120mlボトルなのですが色々なオイルを試してみたい人は60mlボトルの方が良いと思います。

まずはチェーンの掃除。
1.ホームセンターでパーツクリーナー(840mlで200円位)とキッチンペーパーを買ってくる。
2.キッチンペーパーにパーツクリーナーを染み込ませてそのキッチンペーパーでチェーンを掴んでペダルをグルグル回す。キッチンペーパーが汚くなったら新しいのに取り替えて以下繰り返し。
3.綺麗になったら新しいキッチンペーパーでチェーンに残ったパーツクリーナーを拭き取り少し乾燥させる。

完全には綺麗になりませんが日頃のメンテならこの程度で十分かと。まぁ、気になる汚れが残ったらチェーンを外して丸洗いコースで。
ちなみにパーツクリーナー(特に安物)はプラスチック、ゴム、塗装への侵食性が高いのでチェーンへ直接吹き掛ける場合は注意。
BBやハブにパーツクリーナーが掛かると中に入ってるグリスを流してしまうのでスプロケット(後ギア)やクランク(前ギア)に直接パーツクリーナーを吹き掛けるのは厳禁。

そして注油。
4.チェーンの内側に1コマずつチェーンオイルを差す。チェーンのコマ同士を繋げてるピンを良く見ると1つだけ違うピンのコマがあるのでこれをスタート地点として差していくと便利です。ミッシングリンクを付けてる場合はミッシングリンクをスタート地点にすると便利です。
5.キッチンペーパーでチェーンを掴んでペダルをグルグル回して余計なオイルを拭き取る。余計なオイルは汚れを引き寄せるだけなので拭き過ぎな位に拭くのが丁度良いです。
以上。

ドロっとしたオイルなので差してる時にオイルが下へ垂れないのは良かった反面オイルの差し過ぎでベトベトになりやすいです。と言うか、ふき取りに凄い苦労しました...。
120mlボトルを買ったのですが60mlボトルにしておけば良かったと後悔...。1回の使用量が少ないので120mlだと無くなるまでにもの凄く時間がかかると思います。つまり、他のオイルを試せない...。

試しに乗ってみたらジャラジャラ音等は無く良好。完全には消えませんでしたが漕いでいて気にならない位には静かです。変速もスムーズです。

試しに40kmほど走ってきました。オイルを差した後の拭き取りでキッチンペーパーを10枚ほど使ってコレでもかっ!コレでもかっ!コレでもかっ!...という位に拭き取ったのですがどこからともなくオイルがにじみ出てきて結構ベトベトになってました。けどまぁ、チェーンをよく見てみると薄っすらとオイルが付いてる感じだったので拭き取り具合はこんなもんかな?。
汚れ具合はチェーンが若干黒くなってました。乗る前と比べて明らかに黒くなってましたが真っ黒と言うほどではなく薄っすらと黒い程度です。ただ、その薄黒い汚れがギアの先っぽにも付着していたのでスプロケットやクランクの掃除が面倒くさそう...。
チェーンのジャラジャラ音は走る前とあまり変わらず静かです。

こだわる人なら耐久性は2週間位かな?。
自転車の使用頻度は10kmから20kmほどを2日に1回。30kmと40kmのちょっと遠出が各1回。自転車の保管環境は屋根付き屋外駐輪場。雨天走行無し。
チェーンの保護としてはまだまだ大丈夫と思うのですが大体2週間位でジャラジャラ音が大きくなりました。ジャラジャラ音の大きさはこだわらない人なら気にならない、こだわる人なら気になる...という感じかな?。
汚れ具合は真っ黒と言うほどではないのですがチェーン、スプロケ、クランクに黒い油汚れとゴミが結構付着してました。こちらもこだわらない人なら気にならない、こだわる人なら気になる...という感じ。にしてもチェーンはパーツクリーナーで拭けば簡単に綺麗になると思うのですがスプロケとクランクの掃除が面倒くさそう...。

上+40km(2週間と2日)。
ジャラジャラ音が気になってきたのでここで注油。汚れも結構付いていたのでパーツクリーナーで拭いて注油コース。やっぱりスプロケとクランクの掃除が面倒くさいです。

注油し直して1週間と2日。
ほぼ無音からジャラジャラ音が出るようになりました。少しでも音がするとイラっと来る人はこの辺が限界かもしれません。
にしても、スプロケとクランクの汚れが酷い...。たったの一週間でもかなり汚れます。

またまた注油&掃除。
チェーンはパーツクリーナーを染み込ませたキッチンペーパーで掴んでグルグル。スプロケはダイソーの伸縮包帯でフキフキ。っと、この2つはまだ良いのですが、クランクの掃除がもの凄く面倒くさい...。どうにかならないかなコレ...。

エーゼット ハンマーオイル」へ変更。
まずはフィニッシュライン セラミックウェットルーブのまとめ。
潤滑性に関しては文句無いのですが、とにかく汚れやすいのが難点です。ほんと、ちょっと走っただけですぐ真っ黒になります。
それと、ウェット系の割には耐久性が2週間位というのもちょっと微妙な気がします。個人的には最低でも1ヶ月位は持って欲しかった...。
まぁ、2週間おきのチェーン・スプロケ・クランク洗浄が苦にならない人には良いかもしれませんが、そうで無い人は向かないと思います。
ただ、注油直後の潤滑性に関しては素晴らしいのでレース等の勝負用オイルとしてはかなり向いてると思います。
個人的には耐久性に不満が出たので耐久性に定評のある「エーゼット ハンマーオイル」を試してみる事にしました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。