スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ESCAPE R3のシフトワイヤーの初期伸び調整メモ。

自転車を購入して大体1ヶ月経つとシフトワイヤーの初期伸びで変速がおかしくなります。リアディレイラーなら変速した時に「ガラガラ...ガッチャン」っと変速に時間がかかるようになったり、フロントディレイラーなら前ミドル・後トップ(一番重いギア)でフロントディレイラーとチェーンが擦るようになるのが主な症状です。
普通は買った自転車屋さんへ持っていけば無料で調整してくれると思いますが、まぁ自分で調整する為のメモ。

まずはリアディレイラー。
前ミドル・後7速(2番目に重いギア)へ変速。
リアディレイラーのシフターに付いてる調整ボルトを反時計回りに回すとワイヤーがしまりディレイラーが6速(3番目に重いギア)の方へ動くのでチェーンが6速へ当るか当らないかギリギリの所へ調整する。

フロントディレイラー。
前ミドル・後1速(一番軽いギア)へ変速。
フロントディレイラーのシフターに付いてる調整ボルトを反時計回りに回すとワイヤーがしまりディレイラーがアウター側へ動くのでチェーンが当るか当らないかギリギリの所へ調整する。
試しに前ミドル・後8速(一番重いギア)へ変速してディレイラーとチェーンが当ってないか確認する。
ちなみにいくら調整してもロー側もしくはトップ側のどちらかでフロントディレイラーとチェーンが擦れてしまう場合があります。その場合は素人が(場合によってはプロでも)調整するのは難しいので諦めてどちらか片方で調整するしか無いです。

実際にやってみました。
リアディレイラー。
上記の通りに調整しようとしたら「チェーンが6速へ当るか当らないかギリギリの所」と言うのが分かりませんでした。
そこで...。ワイヤーがゆるむと8速(一番重いギア)から7速と7速から6速へ変速した時に問題が出る傾向だったので8速・7速・6速の間を変速しながらシフターの調整ボルトを回し、変速がスムーズかつ変な音がしない所...で調整したらうまくいきました。もしかしたら間違った方法かもしれませんが一応...。

フロントディレイラー。
前ギアをミドルにして後ギア1速(一番軽いギア)と8速(一番重いギア)で調整するだけです。こちらは簡単でした。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。