スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ESCAPE R3で使うサドルバッグ


TOPEAK(トピーク) エアロウエッジ(ストラップタイプ) L BAG152/TC2262B

サドルバッグ。いわゆる縦開きタイプのLサイズ。ストラップマウントの方です。
購入時の価格:近所の自転車屋さんで2500円ほど。

ESCAPE R3の純正サドルはかなり幅広なのでLサイズでも問題無かったです。乗ってる時の足との擦れも無いです。ただ、タイヤとの距離には注意。
それと、将来サドルを変える予定があるならMもしくはSサイズの方が無難かもしれません。ESCAPE R3の純正サドルでギリギリなのでロード用のサドルでは足に当ると思います。

Lサイズなのでチューブ、タイヤレバー3本、携帯用空気入れ(エアボーン)、グランジツインヘッドポンプアダプター、10mm x 600mmのワイヤーロックを入ってもまだ余裕があります。


-----

TOPEAK(トピーク) Aero Wedge Pack (Strap Mount) Mサイズ ブラック BAG21902

サドルバッグ。いわゆる縦開きタイプのMサイズ。ストラップマウントの方です。
購入時の価格:近所の自転車屋さんで2500円ほど。

近々サドルを変える予定なのでその前準備としてサドルバッグを小さくしてみました。
とりあえずESCAPE R3の純正サドルには問題無し。まぁ、Lサイズでも問題無かったので当然と言えば当然ですが...。

チューブ、タイヤレバー2本、携帯用空気入れ(エアボーン)、グランジツインヘッドポンプアダプター、タイヤブート、ミッシングリンク、8mm x 600mmのワイヤーロック...を入れて、小物だったらまだ若干入るかな?と言う感じです。

ただ、収納には少々工夫が必要です。
まぁ、チューブを箱(袋)から取り出して小さく丸めてサランラップでぐるぐる巻き...など、サランラップをうまく使えば余裕だと思います。

追記:
早速サドルを交換したのですが、交換したセライタリアのSLR KIT CARBONIO FLOWとの相性は悪かったです。
ちなみにセライタリア SLR KIT CARBONIO FLOWで使った感じは、サドルの裏側にスッポリ入るように取り付けるとサドルの裏側と取り出し口のチャックが密着してしまいチャックが開けられず...。サドルの後方へ飛び出るように取り付けるとサドルの角とサドルバッグが当ってしまい長い間使ってるとその部分が擦れてサドルに穴が空きそう...っと取り付けにやや難あり。
ペダルを漕いでる時の足とサドルバッグの擦れは微妙にあり。気にならない人は気にならないと思うけど、少しでも擦れるとイラっと来る人は多分無理。
個人的に取り付けに難があるのが嫌で使うのをすぐにやめました。

-----

TOPEAK(トピーク) Wedge Pack II Sサイズ ブラック BAG24401

サドルバッグ。いわゆる横開きタイプのSサイズ。クイッククリックタイプ(サドルレールにアタッチメントを取り付けるタイプ)です。
購入時の価格:近所のスポーツデポで2300円位。
Sサイズですが他の同サイズのサドルバッグと比べると一回り大きいので実質Mサイズ位の大きさです。

「レインカバー標準装備」と書かれていたのでどこかのチャックを開けるとレインカバーが出てきてそれを被せる仕組みなのかな?。つか、雨の日は乗らないのでそんなもんで重量が増えるのは嫌だなぁ...とか思っていたのですが、ただ単に黄色い袋がサドルバッグの中に入っているだけでした。
当然、必要無ければ取り外しも可能です。

「Aero Wedge Pack Mサイズ(ストラップマウント)」と同じくチューブ、タイヤレバー2本、携帯用空気入れ(エアボーン)、グランジツインヘッドポンプアダプター、タイヤブート、ミッシングリンク、8mm x 600mmのワイヤーロックを入れてピッタリサイズ。
ちなみに8mm x 600mmのワイヤーロックは3重に丸めて入れればスッポリ入ります。試しに10mm x 600mmのワイヤーロックを3重に丸めて入れてみたらギリギリ入りました。12mm x 600mmのワイヤーロックも試してみたらこちらは無理でした(そもそも12mm x 600mmのワイヤーロックは3重に丸めるのが難しいですが...)。

セライタリアのSLR KIT CARBONIO FLOW(サドル)で使った感じでは...。
クイッククリック(サドルレールに取り付けるアタッチメント)との相性は良好。特に問題無かったです。
ペダルを漕いでる時の足とサドルバッグの擦れは微妙にあり。「Aero Wedge Pack Mサイズ(ストラップマウント)」とほとんど同じです。気にならない人は気にならないと思うけど、少しでも擦れるとイラっと来る人は多分無理。
ペダルを漕いでる時に足に当るのがちょっと残念ですが、個人的にこれ以上小さいサドルバッグにしてしまうとワイヤーロックを入れられないなど容量に問題が出るので妥協点としてはこの辺が無難かな?っと現在これで様子見中。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。