スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロードバイク用カーボンシートポスト Tifosi - カーボンシートポスト

Tifosi - カーボンシートポスト
カーボンシートポスト。
購入時の価格:Wiggleで4,295円。ちなみに円高絶頂期には2000円位で売ってました。

値段が値段なのでどうせアルミにカーボンを巻いてあるだけだろう...っと思いきや、開封してピラーの中を覗いてみたらビックリ、なんと普通のカーボンでした。
もしかするとピラーの内側にもカーボンを巻いてある可能性があるので切断をしてみないと断定は出来ませんが、ピラーの中を覗いた感じではカーボンの筒にやぐらを差してある構造でした。
まぁ、仮にカーボンだとしても極太カーボンにクソ重いやぐらが着いてカタログスペック245gとアルミとほとんど変わらない重量ですが...。

ぶっちゃけ軽量化にはなりませんでした。...が、乗り心地が変わりました。
取り付けて初めて乗った時に「あれ?。後輪の空気が抜けてるかな?。」と思った位に変わりました。激変という訳ではなくチューブを換えた位の差...なので微妙と言えば微妙な差ですが、カーボンシートポストでここまで乗り心地が変わるとは思ってなかったのでビックリしました。
カーボンフレームならあまり効果が無いかもしれませんが、ESCAPE R3などアルミフレームなら値段や取り付けの手軽さを考えると個人的には効果が大きいパーツだと思います。

純正のサスペンションシートポストを体重計に乗せてみたら0.4kgでした。
本当はグラム単位で測れるはかりの方が良いのですがそんな物は無いので...。
さすがに純正のサスペンションシートポストと比べれば軽量化になりました...が、アルミのシートポストでも200g台は普通にあるのでアルミからの軽量化目的で買うモノではないと思います。

段差を乗り越えるなど衝撃を与えると「キッ」とか「メキ」とか「パキ」とか音がする。
「割れたか?」っと思うようなイヤな音です...。真っ先にサドルを固定してるやぐらが緩んだか疑ったのですが問題なかったです。
で、色々と調べてみるとカーボンシートポストがしなってシートチューブと擦れる音...らしい。特にカーボンシートポストとアルミフレームなどカーボンとアルミの組み合わせの場合はこの音が出やすいとか。まぁ、実際は違う所から音が出てる可能性もありますが...。
ちなみにシートポストのシートチューブに隠れる部分にはカーボン用グリス(タックス カーボンアッセンブリーコンパウンド)を塗ってあります。これをシートクランプの部分だけカーボン用グリスにして他を普通のグリス(シリコングリスが無難)にするとかなり改善されるみたいです...が、今のところは段差の乗り越えなど強い衝撃を与えないと音はしないのでしばらく様子見...。
追記:
10速化(ドライブトレイン総取替え)をした時に一度外してみました。
結構な量のカーボン用グリス(タックス カーボンアッセンブリーコンパウンド)を塗ったはずなのですが結構さらさらな状態でした。まぁ、それゆえに潤滑剤としては機能せず「キッ」とか「メキ」とか「パキ」とか鳴っていたのだと思います。
で、今度は思い切ってシリコングリスを塗って取り付けてみました。
一応シートクランプで締め付ける部分にはカーボン用グリス(タックス カーボンアッセンブリーコンパウンド)を塗ったのですがシートチューブへ入れる時にシリコングリスと混ざってしまいました。仕方が無いのでシートクランプの締め付けをやや強めにして様子見。
追記2:
ずり落ちました。
カーボン用グリス(タックス カーボンアッセンブリーコンパウンド)のみの時はL字の六角レンチの長い方をシートクランプのボルトに差し短い方で回して力いっぱい...でずり落ちた事は無かったのですが、今回(シリコングリス)の場合はそれよりもさらに増し締めした状態でずり落ちました。
仕方が無いのでアルミシートポスト並に締め付けて様子見。とりあえず割れはしませんでした。...が、これって割れるのをヒヤヒヤしながら使うか、「キッ」とか「メキ」とか「パキ」とか鳴るのを我慢して使うかの二択っぽいな...。
追記3:
カーボン用グリス(タックス カーボンアッセンブリーコンパウンド)のみへ戻しました。
割れるのは嫌だし、ずり落ちるのも嫌なので...。
シートポスト側はシートクランプで締め付ける部分の周辺のみ水で薄めたエタノールで脱脂。それ以外の部分は軽く拭く程度。つまり、シートクランプで締め付ける部分の周辺以外は薄~くシリコングリスが乗った状態。
シートチューブ側はシートクランプで締め付ける部分の周辺のみ水で薄めたエタノールで脱脂。それ以外の部分はそのまま。つまり、こちらもシートクランプで締め付ける部分の周辺以外は薄~くシリコングリスが乗った状態。
そしてシートポストのシートチューブに入る部分全てにカーボン用グリス(タックス カーボンアッセンブリーコンパウンド)を塗って取り付け。
これでうまく「キッ」とか「メキ」とか「パキ」とか鳴るのを防げればいいのですがとりあえずこれで様子見。

カーボンシートポストの取り付けにはカーボンシートポストに対応したシートクランプが必要になるので注意。

KCNC シートポストクランプ ロードライト チタンボルト レッド/31.8mm(653164)

シートクランプ。シートクランプ径31.8mm。ちなみに買ったのは黒色です(上記リンク先は赤色)。
購入時の価格:近所の自転車さんで1,800円位(多分定価)。

と言う事でこちらを購入。
まぁ、実際にカーボンシートポストに対応したシートクランプが必要になるのはカーボンフレーム+カーボンシートポストの場合で、アルミフレームの場合は適当でも良いみたいですが...。そもそもTifosiカーボンシートポストは極太カーボンなので滅多な事では割れない気が...。まぁ、一応念の為に買いました。

チタン製ボルト付きでカタログスペック14gと言う代物。シートクランプの中ではなかなかの高級品です。ぶっちゃけここまでお高いのは必要なかったのですが近所の自転車屋さんではこれしか売ってなかったので...。
ちなみにESCAPE R3(2013年モデル)のシートクランプ径は31.8mmです。

チタン製ボルトなのでかじり防止にモリブデングリスを一応塗りました。...が、元々銀色のグリス(シルバーグリスかな?)を塗ってあったので必要なかったかもしれません。

取り付け方に色々な方法があり...。
1.フレーム側の切れ込みとシートクランプ側の切れ込みを「合わせる」取り付け方。
2.フレーム側の切れ込みとシートクランプ側の切れ込みを「合わせない」取り付け方。
3.フレーム側の切れ込みの反対側にシートクランプ側の切れ込みを持っていく取り付け方。

カーボンシートポストに対応したシートクランプならこの辺は好みかな?。
ちなみにアルミシートポスト用のシートクランプを使って1の方法でカーボンシートポストを締め付けると最悪カーボンが割れるそうです。理由は締め付けが均等ではないからです。
けど、カーボンシートポストに対応したシートクランプの場合はどうなんだろう...。元々カーボンシートポストに対応したシートクランプは均等に締め付けるように出来てるので問題無いと思うのですが実際のところはわかりません。まぁ、購入したシートクランプにフレーム側の切れ込みを避けて取り付けて下さいとは書いてなかったので私はこの方法で取り付けました。

締め付けトルクに注意。
カーボンシートポストの場合は概ね6Nmだそうです。...が、トルクレンチなんて持ってないので適当に締めました(汗)。まぁ、アルミフレームだし、極太カーボンだし、4000円のシートポストだし...。
なんかカーボンシートポストに対応したシートクランプを買った意味が無いような気がしますが...。
ちなみにL字の六角レンチの長い方をシートクランプのボルトに差し、短い方で回して力いっぱいで締めました。これでもオーバートルクかな?。まぁ、カーボンが割れた等のトラブルは無かったのでこれで良いか...にしました。


アルミフレームの場合はカーボンとアルミの固着防止の為にカーボン用グリス(Tacx カーボンアッセンブリーコンパウンドやフィニッシュライン ファイバーグリップなど)が必要です。


タックス カーボン アッセンブリー コンパウンド 5g

カーボン用グリス。5g。
購入時の価格:近所の自転車さんで200円。

と言う事でこちらを購入。カーボン用グリスなんて今回位しか使う事が無いと思うので少なくて安い5gを買いました。ちなみにシートポストなら2・3回使える量です。

アルミとカーボンの場合は何もしないで放って置くと電食によってピッタリくっ付くのでそれを防ぐ為にグリスが必要です。
アルミのシートポストならリチウムグリスとかを塗れば良いのですが、カーボンの場合は普通のグリスを塗ってしまうと滑ってシートクランプで固定できなくなるので使えません。
と言う事でジャリジャリする滑り止めが入ったこのグリスが必要になります。

カーボン用グリスを塗るとジャリジャリする滑り止めのおかげでシートポストのシートチューブに入る部分に傷が付きます。
その為、いきなりグリスを塗って取り付けてしまうと余計な傷が付いてしまうのでとりあえずグリス無しで取り付けてからポジション調整をした方が良いかもしれません。
そしてポジションが決まったらシートクランプとシートポストの境目にマスキングテープを巻きつけるなど目印を付けてシートポストを外す。
シートポストを外したらマスキングテープより下にグリスを塗ってまた取り付ける。そしてマスキングテープを外して完成。
ちなみにマスキングテープを外さずにそのまま残しておくとシートポストがずり落ちた時の目印になるのでそのまま残しておいても良いかもしれません。特にカーボンシートポストは弱い力でシートクランプを締めるので乗ってる時にずり落ちてないか結構気になるので...。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。