スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ESCAPE R3のステム交換。


FOGLIA(フォグリア) ステム AS-023 120mm

ステム。120mm。アングル角度7度。黒。
購入時の価格:近所のスポーツデポで2990円(多分定価)。

身長172cmでフレームサイズSを購入...っと身長の割には小さめのフレームを選んだのでハンドルまでの距離が気になってしまいステムを長くしてみました。
本当は130mmのステムが欲しかったのですが近所のスポーツデポでは売ってなかったので120mmにしました。...が、やっぱり130mmにしておけば良かったと取り付けた後にちょっと後悔。けどまぁ、120mmでも問題無いといえば問題無いかも。

ちなみにESCAPE R3は一般的なクロスバイクに比べるとトップチューブが短かったりします。
良い意味で言うとロードバイクに近いです(それ故にドロップハンドル化がしやすいです)。悪い意味で言うとクロスバイク(フラットハンドル)としては短いです。
なので、身長170cm位の人でフレームサイズSを買ったなど「フレームサイズで迷ったら小さい方!」でESCAPE R3を買った人は元々短いトップチューブに加えて小さめなフレームになるのでサドルからハンドルまでの距離がもの凄く短くなります。

ちなみにフレームサイズS同士でESCAPE R3とロードバイクのDEFYを比べると...。
ESCAPE R3のトップチューブは545mm。ステムは90mmなのでサドルからハンドルまでの距離は545mm + 90mm = 635mm。
DEFYのトップチューブは530mm。ステムは90mm。ドロップハンドルのリーチ(突き出し量)は90mmなのでサドルから下ハンドルまでの距離は530mm + 90mm + 90mm = 710mm。ちなみにドロップハンドルで一般的なポジション(本来は下ハンの方が基本の位置なのですが...)であるブラケットまでの距離はブラケットの突き出し量があるのでこれと大体同じか若干長くなります。
DEFYのハンドルまでの長さからESCAPE R3のハンドルまでの長さを引くと...。710mm - 635mm = 75mm。つまり、75mm短い事になります。
さすがにDEFYの下ハンと同じ長さにすると街乗りで乗り難くなると思うのでお勧めしませんが、身長170cm位の人でフレームサイズSを買った人なら120mm(純正ステムと比べて+30mm)もしくは130mm(純正ステムと比べて+40mm)のステムへ交換してしまっても良いかもしれません。まぁ、逆にハンドルは近い方が良いと思う人なら今のままでも良いと思いますが...。

DEFYと比べて75mm短い事と言う事は...。
リーチ75mmのドロップハンドルを付ければDEFYと同じになるのでドロップハンドル化の面では他のクロスバイクでは真似が出来ないほどのもの凄いメリットになります。
詳しくは「ESCAPE R3のドロップハンドル化メモ。」を参照。
ただし、ドロップハンドル化は必ずしも良い事では無いです。街乗りや気楽に乗る自転車と言う面ではむしろデメリットになる可能性が高いです。それと他のクロスバイクに比べればドロップハンドル化がしやすいと言っても改造の難易度は非常に高いです(ESCAPE R3をフレームだけにして1から組み直す位の技術が必要です)。さらにカネももの凄くかかります。なのでその点はご注意ください。

話がかなりそれてしまいましたが...。
ESCAPE R3の場合はアヘッドステムと言うステムを固定する時にフロントフォークの固定とベアリングの玉押し調整も一緒にやってしまうという構造になってます。その為ただネジを締めれば良いという訳ではないので注意。
まぁ、ヘッドパーツにガタが無く、ハンドルがスムーズに動く所までトップキャップを締める。ちなみにトップキャップの締め付けトルクは軽く回して止まったらそこから1/8から1/4ほど締めた位...みたいです。
そして締め付け位置が決まったらステムをコラムに固定して最後にトップキャップのネジが振動で緩んで取れてしまわないように増し締めして完成と言う感じです。
まぁ、よく解らない方は自転車屋さんにお願いした方がいいかもしれません。

前ブレーキのレバーを握って車体を揺らしてみたりなど調整の段階ではガタが無くても、実際に乗ってみて30km/hなど速度を出してる時からのブレーキなどでガタ出る時があるので注意。
逆にトップキャップを締めすぎるとヘッドパーツもしくはスターファングルナットを壊すので注意。基本はベアリングの玉押し調整と同じ位の締め付けトルクです。
まぁ、最後のトップキャップのネジが振動で緩んで取れてしまわないように増し締め...はしばらく様子を見てからの方が良いかもしれません。これをやって問題が出ると一からやり直しになるので...。

ちなみにESCAPE R3(2013年モデル)の標準ステムは、コラムクランプ径(コラムの太さ)は28.6mm(オーバーサイズ・1-1/8インチ)。ハンドルクランプ径(ハンドルの太さ)は25.4mm(1インチ)。アングル角度は10度(フレームサイズSの場合)。ステムの長さはフレームサイズXXSが60mm、XSとSが90mm、Mが110mm。コラムスペーサーは20mm・10mm・7mm・5mmの計42mm。
アングル角度は90度を直角とした数値と0度を直角とした数値の2種類あるので購入の時は注意。つまり、100度(90度基準)、80度(90度基準)、10度(0度基準)とあった場合はどれも同じ角度になります。

ステム長90mmアングル角度10度のステム(逆付け)から、ステム長120mmアングル角度7度のステム(逆付け)へ交換した場合のハンドルの高さの違い。
ちなみにフレームサイズSの場合です。フレームサイズによってコラムの角度が違うので注意。

三角関数を使えば求められます。
sinθ = a / h

θ = (90 - 72) - 10 ※逆付けの場合なのでコラムの角度 - ステムの角度
θ = 8
sin8°= 0.1392
0.1392 = a / 90
a = 0.1392 x 90
a = 12.528mm

θ = (90 - 72) - 7
θ = 11
sin11°= 0.1908
a = 0.1908 x 120
a = 22.896mm

22.896 - 12.528 = 10.368mm
つまり、ステム長120mmアングル角度7度のステムの方が約10mm高い。


BBB BHP-36 LIGHTSPACE スペーサー 506261 BHP-36

コラムスペーサー。20mm・15mm・10mm・5mmのセット。黒。
購入時の価格:Amazonで840円。

ESCAPE R3標準のコラムスペーサーは20mm・10mm・7mm・5mmの計42mmなので実際に使うのは20mm・15mm・5mm+別途2mmが必要。
ESCAPE R3の個体差によっては20mm・15mm・5mmの40mmでもいけるらしいですが、マイESCAPE R3では2mmも入れないダメでした。


Bazooka(バズーカ) アルミヘッドスペーサー ブラック 1-1/8 2mm

コラムスペーサー。2mm。黒。
購入時の価格:Amazonで189円。

と言う事でこちらも購入。
15mmのスペーサーだけステムの下側に付けて残りの20mm・5mm・2mmを上側に付けて現在使用中。

27mmのコラムスペーサーをステムの上側へ移した場合のハンドルの高さの違い。
こちらもフレームサイズSの場合です。
cosθ = b / h

θ = 90 - 72 ※コラムの角度
θ = 18
cos18°= 0.9511
0.9511 = b / 27
b = 0.9511 x 27
b = 25.6797mm

さらにステムを変えた事によりハンドルの高さが上がった分を引くと...。
25.6797mm - 10.368mm = 15.3117mm
つまり、15.3117mm下げた事になります。もうちょっと下げても良かったかな?っと思いますがとりあえずこれで様子見。


Bazooka(バズーカ) アルミヘッドキャップ ブラック

ヘッドキャップ。黒。
購入時の価格:Amazonで315円。

どうせならヘッドキャップも黒色に...と言うことでこちらも購入。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。