スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ESCAPE R3のハンドル交換。


AMOEBA(アミーバ) MTBストレートハンドルバー HB-M210 SIL

ハンドル。
購入時の価格:近所のスポーツデポで2900円ほど(多分定価)。

ESCAPE R3(2013年モデル)の場合、ハンドルクランプ径は25.4mmです。

標準のハンドルが若干長かったので切りたかったのですが、標準のハンドルを切ってしまうのはちょっと怖かったのでハンドルを交換して切断。
HB-M210のハンドルの長さは580mm。左右40mmずつ切って500mmにしました。切りすぎたかな?っと思いましたがバーエンドバーを付けた状態でグリップを握ると丁度良い長さでした。と言うか、バーエンドバーを握るとまだ若干長いです。けどまぁ、シフターがこれ以上内側へ行かないのでこの辺が限界かな?。
ちなみにESCAPE R3(2013年モデル)標準ハンドルの長さは540mm。

追記:
ドロップハンドルのハンドル幅。
ロードバイクで使われているドロップハンドルのハンドル幅は左右のハンドルのエンドからエンドの幅でかつパイプの中心から中心の長さで400mmもしくは420mmが一般的です。
ちょっと解り難い長さですが...フラットハンドルのグリップを握って中指から中指の長さで400mmもしくは420mmに概ね一致します。これを参考に調整してみると良いかもしれません。

ハンドルの交換方法やハンドルの切断方法は詳しく紹介されているサイトさんが沢山あるのでそちらで...。
ちなみにダイソーで売ってるパイプカッター(420円)で余裕でした。バリ取りや切断面をならす為にヤスリが必要になるのでついでにヤスリも買っておきましょう。

ハンドルを交換する時はグリップ、ブレーキ、シフター...っとハンドルに付いてる物を全て外す必要があるのですが、何も考えずに外してしまうと元に戻す時にグリップ、ブレーキ、シフターの角度調整で苦労します。まぁ、自分にあった角度に調整できる人なら良いのですが...。
そこで、外す前にマスキングテープ等でグリップ、ブレーキ、シフターに目印を付けておくと元に戻す時に便利です。
それと、フラットハンドルと言っても実は弓なりに若干曲がっているのですが、ESCAPE R3標準ハンドルは地面と水平に付けてありました。

ちなみに自分で角度を調整する場合は...。

ミツトモ(MITSUTOMO) アングルファインダーレベル パイプ用溝付 49-1

傾斜計。
購入時の価格:Amazonで712円。

これがあると角度調整の時に便利です。

ついでにステムを逆付け...っと思ったら元から逆に付いてました。
一応買った自転車屋さんに報告したら組み立ての時の手違いだったそうです。まぁ個人的には手間が省けたので逆にお礼を言っておきました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。