スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ESCAPE R3のビンディングペダルのメモ。

ビンディングペダルの種類。
ビンディングペダルはシマノのSPDとSPD-SL、海外メーカーのスピードプレイやタイムなどあるのですが、シマノのSPD以外はほとんどレース用なのでESCAPE R3には向かないと思います。まぁ、ESCAPE R3でレースに出るなら話は別ですが...。
SPDは一応MTB用という位置づけなのですが、ツーリング用のペダルやツーリング用のシューズも用意されているのでどちらかと言うとMTB兼カジュアル用と思っても良いと思います。



という事で...。SPDペダルの候補。
SHIMANO(シマノ)PD-A530 ペダル 片面SPD
定価:6565円。重さ:383g。
ESCAPE R3用としては一番メジャーかな?。片面がフラットペダルという代物。
普通の靴でも使える半面、重く装着が面倒くさい。

SHIMANO PD-A520
定価:5641円。重さ:315g。
片面SPDの軽量モデル...の安い方。PD-A530と違いフラットペダル面は無いです(片面は完全に使わない面)。
軽い反面、装着が面倒くさい。

SHIMANO(シマノ) PD-A600 片面SPD ペダル
定価:8261円。重さ:286g。
片面SPDの軽量モデル...の高い方。さらに軽さを求めるならこちら。
軽い反面、装着が面倒くさい。

SHIMANO(シマノ) PD-M530 ブラック SPDクリート付 ペダル
定価:3043円。重さ:455g。
両面SPDのケージ付きモデル...の最安グレード。
装着がしやすい反面、重い。
トレイル用なので一応オフロード用。けど、両面SPDは信号待ちなど着脱を繰り返す時に便利なのでオンロード用としてもありかな?。ただ、最安グレードの場合重いのが難点。ケージ無しのクロスカントリー用なら同じ価格帯でも軽いのですが今度は踏み面が狭くなる問題が...。

シマノ(SHIMANO) ペダル PD-M985 SPD
定価:12830円。重さ:379g。
両面SPDのケージ付きモデル...の高級グレード。
装着がしやすい反面、値段が高い。
こちらもトレイル用なので一応オフロード用。高級グレードになると軽くなるのでオンロード用としても実用的になるのですがお値段が...。

SHIMANO(シマノ) SM-SH56クリートセット(マルチモード/ペア)
マルチモードのクリート。
外しやすい反面、外れやすくなるクリート。
SPDペダルを付ける目的が漕いでる時のペダルと足のズレやスベリを防止、もしくはその程度で十分と考えるならこちらの方が良いかも。
逆に、引き足を使ってより早くより効率的に...と考えるなら多分不要。
ちなみに前者はトゥクリップと言う手もあるのでそちらも含めてSPDにするか検討した方が良いかもしれません。
追記:
購入しました。意外と引き足も使えます。簡単に外れると言ってもそれなりに意識してひねらないと外れないので意外とガッチリ固定されます。
ただ、斜め上にひねっても外れるという構造上、上り坂をダンシングで...と言う使い方には向かないと思います。
マルチクリートのおかげで立ちゴケを免れたケースが結構あるので初心者はマルチクリートから始めた方が良いかもしれません。

シマノ (SHIMANO) 工具(ツール) TL-PD40 ペダル用ロックブッシュ戻し工具
ペダル用の工具。
グリスアップなどペダルを分解する時に必要。自分でメンテナンスする場合は一緒に買っておいた方が良いかも。ちなみに値段は100円位。

SPDペダルは大きく分けて、片面SPDケージ付きモデル、両面SPDケージ付きモデル、両面SPDケージ無しモデル、両面SPD特大ケージ付きモデルの4つがあります。両面SPD特大ケージ付きモデルは完全にオフロード用なので基本的に舗装路を走るESCAPE R3には向きません。と言うことで実質、片面SPDケージ付きモデル、両面SPDケージ付きモデル、両面SPDケージ無しモデルの3つになります。
どれが良いかはぶっちゃけ好みです。軽いのは片面SPDケージ付きモデルなのですが、信号待ちなど着脱を繰り返す時に面倒くさいです。両面SPDケージ付きモデルはその逆で、信号待ちなど着脱を繰り返す時は便利なのですが重いです。両面SPDケージ無しモデルは軽く着脱を繰り返す時も便利なのですが踏み面が小さいです。


ここまで書いといてなんですが実はSPDペダル・シューズを買おうかやめようか迷っていたりします。理由はSPDペダル・シューズを使うと安全性を犠牲にするからです。
30km/h越えなど速度を出してる時にコケたらSPDペダル・シューズの有無に関係なく気がついたら地面の上で倒れてると思うので差は無いと思うのですが、問題は20km/hから30km/hの低速と言うか中速(?)の時です。
クロスバイクはこの位の速度(20km/hから30km/h)がメインになるのでこの時にコケたらSPDペダル・シューズの有無で大きく違ってくるんじゃないかと...。特にSPDペダル・シューズの場合は足を動かせないので低速でもコケたら肩から落ちて鎖骨骨折など大怪我になるんじゃないかと。
まぁ、買うとしたらこの位のリスクは承知で買う事になるのでかなり迷ってます。

追記:
近所の自転車屋さんのご主人にお聞きしたところ、20km/h以上でコケた場合はフラットペダルでも肩から落ちて鎖骨を折るリスクはあるのでSPDペダル・シューズの有無で大きな違いは無いとの事です。むしろコケる時は足などを出さずに丸まってコケた方が安全なので足がペダルに固定されていた方が都合が良いとも。
まぁ、あくまで個人的な意見ですが、と言う前置き付きだったので参考程度に。
にしても迷う...。

さらに追記:
結局購入しました。
フラットペダルで20km/h以上出してる時に、この状態で突然前輪が滑ってコケたらどうなるんだろう...っと考えたら自転車屋さんのご主人がおっしゃる通りだと思ったので購入する事にしました。
まぁ、この他に立ちゴケの危険性があるのですが、これはマルチクリートにすればある程度は防げるみたいなのでそちらで様子見。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。