スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ESCAPE R3のスプロケット交換。


SHIMANO(シマノ) CS-HG50-8 カセットスプロケット 8スピード 13-14-15-16-17-19-21-23T

ロード用の8速スプロケ13-23T。
購入時の価格:近所の自転車屋さんで2400円ほど。

始めに...。ESCAPE R3の場合、このスプロケットへ交換するにはスポークプロテクターを外す必要があるので注意。まぁ、それによるリスクを理解できない人はやめた方が良いと思います。

ロード用の8速スプロケはほとんど絶滅してるので選択肢はCS-HG50-8位しかありません。MTB用ならまだ色々と残ってるのですがMTB用はワイドレシオが一般的なので交換する意味が無いというかそもそもクロスレシオにしたいから交換するわけで...。

ちなみに純正のスプロケはSRAM PG-830 11-32T。昔はSHIMANO CS-HG40-8 11-32Tだったのですが2012年モデルからはこちらに変わりました。
ギアの構成は、11-12-14-16-18-21-26-32。意外と悪くない構成なのでこのままでも良いかな?っと思ったのですが両端の11Tと32Tは使う機会が全く無かったのでその分を別のギアにしたクロスレシオ化を狙いCS-HG50-8へ変更となりました。

CS-HG50-8は12-21T、13-23T、12-23T、13-26T、12-25Tの5種類があり、候補は12-21T、13-23T、12-23Tの3つ。この3つを比較すると、23Tを捨てるか、12Tを捨てるか、16Tを捨てるかの違い。
ちなみにロードバイクの場合はクランク(前ギア)が52T-39Tなどダブルクランクが一般的なのでロードバイク視点で見ると21Tや23Tはかなり重いギアなのですが、ESCAPE R3の場合は48T-38T-28Tのトリプルクランクなのでインナーの28Tを使えば後ギア21Tはギア比1.33になりロードバイク(ダブルクランク)で言うインナー・28Tと大体同じギア比になります。つまり、ESCAPE R3にとって21Tはロードバイクでは一般的なローギアのギア比だったりします。

純正のスプロケ(SRAM PG-830 11-32T)で使用頻度の高かったギアは14Tから21T。と言う事でその中に入ってる16Tは捨てられないので消去法でまずは12-23Tが候補から消えました。

残りは12-21Tか13-23T。この2つを比較すると23Tを捨てるか12Tを捨てるかの違い。
純正のスプロケで26Tと32Tを封印して11-21Tで走ってみたらmyエンジンではインナーを使っても斜度8%超えの坂は無理。
逆にミドル・12Tはアウター・15Tで代用出来るのと、アウター・13Tをケイデンス90で漕げば42.4km/h出るので下り坂でもここまで出れば十分だろう...と言うことで13-23Tになりました。

箱から取り出してみると...。
13Tと14Tはバラバラの単品部品。15Tから23Tは一つに固めてあったのですが、ネジ...ではなくカシメて一つに固めてありました。つまり分解不可能。
さらに13Tにはロックリングの溝が彫ってあり、14Tには15Tのカシメ部分を避ける溝が掘ってあったのでどちらも順番通りにつける必要があり。
まぁ、あれです。ギアの組み替えが不可能になってます。

スプロケの交換方法は...。写真入りで詳しく紹介されているサイトさんなどたくさんあるのでそちらを参照で(汗)。
ちなみにロックリングを外す時はかなり力を入れる必要があります。さらにバキバキバキという何かが壊れたような音と共にゆるむので始めてやる時はビックリするかも。

取り外した純正のスプロケ(SRAM PG-830 11-32T)は11Tと12Tがバラバラの単品部品。14Tから32Tは一つに固めてあったのですがイモネジで固めてあったので分解可能でした。

スプロケを交換したらチェーンの長さ調整が必要です。
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/chain_link.html
こちらの自転車のチェーンリンク数計算器を使うと便利です。
ちなみにESCAPE R3純正クランクと13-23Tの場合は105リンク(偶数にする必要があるので1リンク足して106リンク)でした。

そしてリアディレイラーの調整が必要です。
調整箇所はBテンションアジャストボルト、トップ側、ロー側、ワイヤーの4ヶ所。
Bテンションアジャストボルトは最大にゆるめたらokでした。

トップ側、ロー側、ワイヤーは自己流...。
1.まずはミドル・8速(一番重いギア)へ変速。
2.リアディレイラーのシフターに付いてる調整ボルトを時計回りへ最大に回してワイヤーをゆるめる。
3.リアディレイラーに付いてるHのネジを回してトップ側の調整。ギアの真下にガイドプーリーが来るように調整する。後ろから見て調整するよりも上や前から見て調整した方がやりやすいです。ちなみにネジをしめると内側(7速側)へ、ゆるめると外側(チェーンステー側)へ移動します。
4.ミドル・7速(二番目に重いギア)へ変速。ワイヤーを最大にゆるめてあるのでたぶん変速しません。
5.リアディレイラーのシフターに付いてる調整ボルトを回してワイヤーの調整。微調整はロー側の調整が終わってからやるのでとりあえず7速へ変速してかつ変な音がしない程度にやっておけばok。ちなみにボルトをしめると外側(8速側)へ、ゆるめると内側(6速側)へ移動します。
6.ミドル・1速(一番軽いギア)へ変速。
7.リアディレイラーに付いてるLのネジを回してロー側の調整。トップ側と同じくギアの真下にガイドプーリーが来るように調整する。ちなみにネジをしめると外側(2速側)へ、ゆるめると内側(ホイール側)へ移動します。スポークプロテクターを外してあるのでこの調整をしっかりとやらないと大変な事になるので注意。
8.ミドル・7速へ変速。
9.ワイヤーの微調整。チェーンが6速ギアへ当るか当らないかギリギリの所へ調整...なのですが、目で見てやるよりもチェーンがギアへ当る音を聞きながらやった方がやりやすいです。
10.ワイヤーの調整が済んだら適当に変速しまくっておかしな所が無いか確認する。
11.最後にミドル・1速(一番軽いギア)へ変速してディレイラーをホイール側へ押してみて遊びが無いか確認する。遊びがある場合はロー側の調整(Lのネジ)とワイヤーの調整のやり直し。

自己流なので間違った方法かもしれませんがこれで一応うまくいきました。


-----
交換した時に買った工具。


SHIMANO(シマノ) TL-LR15 ディスクローター/HGスプロケ ロックイン工具

ロックリング回し。
購入時の価格:近所の自転車屋さんで...忘れました。

スプロケを固定してるロックリングを回す工具です。
柄の無いタイプなので他にモンキーレンチ等が必要です。と言うか、トルクレンチを使う...など本格的に使うのでなければ柄の付いてるタイプの方が便利だと思うので値段が大して変わらないならそちらの方が良いかも。


BBB コウグ フリーホイールターナー ターンテーブル BTL-11 102144

スプロケット外し。
購入時の価格:近所の自転車屋さんで...忘れました。

スプロケを外す時はロックリング回しを回すだけではフリーハブが空回りしてしまうので空回りしないようにスプロケに巻きつけて固定する為の工具。
ちょっとややこしい使い方の工具ですが、左手で持ってチェーンの付いてる方を上にしてチェーンをスプロケットの上へ巻きつけて...という感じです。
まぁ、文章で説明するのは難しいので写真付きで詳しく紹介されてるサイトさんを参照...と言う事で(汗)。


-----
各ギアのギア比とケイデンス90・80での速度。
ESCAPE R3の純正タイヤは28Cですが将来23C化した時の為に23C版も一緒に。

ギア(ギア比) ケイデンス90での速度(28C) ケイデンス80での速度(28C) | ケイデンス90での速度(23C) ケイデンス80での速度(23C)

前ギア・ミドル(38T)。
23T(1.65) 19.0km/h 16.9km/h | 18.7km/h 16.6km/h
21T(1.81) 20.8km/h 18.5km/h | 20.5km/h 18.2km/h
19T(2.00) 23.0km/h 20.4km/h | 22.7km/h 20.1km/h
17T(2.24) 25.8km/h 22.9km/h | 25.4km/h 22.6km/h
16T(2.38) 27.4km/h 24.3km/h | 27.0km/h 24.0km/h
15T(2.53) 29.1km/h 25.9km/h | 28.7km/h 25.5km/h
14T(2.71) 31.2km/h 27.7km/h | 30.7km/h 27.3km/h
13T(2.92) 33.6km/h 29.9km/h | 33.1km/h 29.4km/h

前ギア・インナー(28T)。
23T(1.22) 14.0km/h 12.5km/h | 13.8km/h 12.3km/h
21T(1.33) 15.3km/h 13.6km/h | 15.1km/h 13.4km/h
19T(1.47) 16.9km/h 15.0km/h | 16.7km/h 14.8km/h
17T(1.65) 19.0km/h 16.9km/h | 18.7km/h 16.6km/h
16T(1.75) 20.1km/h 17.9km/h | 19.8km/h 17.6km/h
15T(1.87) 21.5km/h 19.1km/h | 21.2km/h 18.8km/h
14T(2.00) 23.0km/h 20.4km/h | 22.7km/h 20.1km/h
13T(2.15) 24.7km/h 22.0km/h | 24.4km/h 21.7km/h

前ギア・アウター(48T)。
23T(2.09) 24.0km/h 21.4km/h | 23.7km/h 21.1km/h
21T(2.29) 26.3km/h 23.4km/h | 26.0km/h 23.1km/h
19T(2.53) 29.1km/h 25.9km/h | 28.7km/h 25.5km/h
17T(2.82) 32.4km/h 28.8km/h | 32.0km/h 28.4km/h
16T(3.00) 34.5km/h 30.7km/h | 34.0km/h 30.2km/h
15T(3.20) 36.8km/h 32.7km/h | 36.3km/h 32.2km/h
14T(3.43) 39.5km/h 35.1km/h | 38.9km/h 34.6km/h
13T(3.69) 42.4km/h 37.7km/h | 41.8km/h 37.2km/h

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。