スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ESCAPE R3の23c化チューブメモ。

23c化する時のメモ。
※バルブの長さはリム高24mmで使えるだろう...という長さ(36mm~48mmの中で短い方)に合わせてあります。

候補:
SCHWALBE(シュワルベ) チューブ 700x18-28C 仏式バルブ 15SV
バルブ長:40mm。
チェックした時の価格:Amazon:835円。近所の自転車屋さん:900円位。近所のスポーツデポ:1000円位。
重さ:105g。ブチル。
無難。ただし重い。近所では入手性が良い。

Panaracer(パナレーサー) R-Airチューブ 700X18-23C ロングバルブ 48mm 仏式バルブ TW720-LF-RA
バルブ長:48mm。R-Airの場合はバルブの種類が32mm・48mm・60mmの3種類。
チェックした時の価格:Amazon:1,507円。
重さ:66g。エアフレックスライトブチルという特殊な軽量ブチル...らしい。
軽い。ただし装着時の難易度が高い。バルブが弱いとの噂も。値段が高い。良くも悪くもレース用。
最低でも公式サイトにある使用上の注意を見てから装着する必要があり。

MAXXIS FLYWEIGHT TUBE ROAD 48mm FW214
バルブ長:48mm。マキシスフライウェイトチューブの場合はバルブの種類が無記入・48mm・60mmの3種類。無記入は36mmだと思うけどMVSの可能性もあるので注意。
チェックした時の価格:Amazon:1,470円。近所のスポーツデポ:1470円。
重さ:58g。軽量ブチル。
軽い。ただし装着時の難易度が高い。値段が高い。良くも悪くもレース用。
※MVS(Modular Valve System)と言う着脱式のバルブになってるタイプもあるので注意。ちなみにMVSの場合はバルブが別途必要です(1000円位)。

ミシュラン(Michelin) ラテックスチューブ AIRCOMPLatex A1 700×22-23C 40mm 仏式
バルブ長:40mm(?)公式サイトでは22/23Cのバルブ長は42mmと60mmの2種類になってます。
チェックした時の価格:Amazon:1,995円。Wiggle(海外通販):1,060円。
重さ:79g。バルブにねじ切り無し。バルブナット無し。ラテックス。
乗り心地は最高クラス。ただし空気が抜けやすい。良くも悪くもレース用。

MICHELIN(ミシュラン)エアコンプウルトラライトチューブ /700×18-23C 仏式40mm
バルブ長:40mm。
チェックした時の価格:Amazon:1,499円。CRC(海外通販):818円。
重さ:75g。バルブにねじ切り無し。バルブナット無し。軽量ブチル。
重さ・空気抜け・耐久性・価格っとバランスが良いチューブ。ただし突出した性能は無いのでツマランと言えばツマランかも。

MAXXIS(マキシス) ULTRA LIGHT TUBE ウルトラライトチューブ 700x18~28c 仏式バルブ 48mm 3MX-UL214
バルブ長:48mm。マキシスウルトラライトチューブの場合はバルブの種類が無記入・48mm・60mmの3種類。無記入は36mmだと思うけどMVSの可能性もあるので注意。
チェックした時の価格:Amazon:1,524円。近所の自転車屋さん:1000円。近所のスポーツデポ:1000円。
重さ:65g。軽量ブチル。
バランスが良いチューブその2。軽い割にはバランスが良いとの噂。ただ、ミシュランウルトラライトと比べると値段は高め。たまたまなのか近所では入手性が良い。
※MVS(Modular Valve System)と言う着脱式のバルブになってるタイプもあるので注意。ちなみにMVSの場合はバルブが別途必要です(1000円位)。

どれも一長一短。
軽い=ゴムの厚さが薄い=空気が抜けやすい。なので、軽さと空気の抜けやすさはトレードオフの関係。
軽い=ゴムの厚さが薄い=パンクしやすい。なので、軽さと耐久性/装着のしやすさもトレードオフの関係。
ラテックスは軽さ(ゴムの厚さ)に関係なく空気が抜けやすいです。その代わりにラテックスは乗り心地が良いです。それと、ラテックスは劣化が早いので耐久性が悪いです。熱にも弱いのでダウンヒルなどブレーキを多用する用途には向かないです。
つまり...。
軽さよりも空気の抜け難さや耐久性を重視するならシュワルベ。
とにかく軽さ重視で、空気が抜けやすい、装着が難しい、パンクしやすい、値段が高い、(R-Airはバルブが弱い)、というのをクリアーできるならR-Airかマキシスフライウェイト。
バランスが良いのはミシュランウルトラライトかマキシスウルトラライト。
とにかく乗り心地重視で、海外通販前提(国内で買う場合は値段がとても高い)、空気がとても抜けやすい、劣化が早い、ダウンヒルなどブレーキを多用する用途には使わない、というのをクリアーできるならミシュランラテックス。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。