スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロードバイク用タイヤ コンチネンタル GP4000S 700×23C


コンチネンタル グランプリ4000S 700×23C 2本セット

タイヤ。コンチネンタル GP4000S。
購入時の価格:Wiggleで8,704円(タイヤ2本とチューブ5本のセット)。
追記(2014-03-18):
「コンチネンタル Grand Prix 4000 S II」へモデルチェンジするそうです。
http://www.conti-online.com/www/bicycle_de_en/10_racetyres/Grand_Prix_4000_S_II.html
GP4000Sの時点ですでに完成されてるタイヤだと思うのですがどうなるかな?。

まずはパッケージにあるオバチャンのドヤ顔を見る。
そして開封。

開封する場所に「Handmade in Germany」や「Made in Germany」と書かれていてドイツ製である事がアピールされてます。

ホイールWH-6700への装着は手で簡単にはまりました。個体差があるかもしれませんがWH-6700との相性は良さそうです。
ミシュランPro4の時はもの凄く苦労したんですけどね...。
ちなみにGP4000Sは装着する向きがあるので注意。片面に一ヶ所だけ矢印が書かれてます。

使用感:
一緒にチューブも換えてしまったので参考にならないと思いますが一応。
主に「ミシュランPro4+ミシュランラテックス」と「コンチネンタルGP4000S+マキシスフライウェイト」の比較です。性質が全く違うチューブを付けた状態での比較なのでほんと参考にならないと思いますが一応...。

転がり抵抗とグリップの差はわかりません。Pro4も不満は全く無かったし、GP4000Sも不満は全く無いです。違いもわかりません。
漕ぎ出しは若干軽くなった気がします...が、これはチューブの差だと思います。ミシュランラテックスとマキシスフライウェイトでは持った感じからして重さが違ったので...。ちなみにPro4とGP4000Sの重さはカタログスペックでPro4が200g、GP4000Sが205g。まぁ重量は全くと言っても良いほど同じです。
乗り心地は若干硬くなりましたが個人的には許容範囲内。Pro4の時はアスファルトの状態を気にせず走れたのですが、GP4000Sの場合はアスファルトの状態が若干伝わってきます。けどまぁ、「なんかゴツゴツするなぁ」という程度なので個人的には気にならないです。チューブが違うので正確な比較では無いですがマキシスフライウェイトも薄い故に乗り心地が良いチューブなのでチューブの差は少ないと思います。にしても乗り心地に関しては分厚いチューブで比べた方が面白い比較になったかも。

以上、全く参考にならない使用感でした(汗)。
とりあえず不満は無いです。乗り心地がどうなるかちょっと心配でしたがマキシスフライウェイトのおかげか気になるほどでは無かったです。と言うか、むしろ乗り心地が良いと思ったくらいです。
後は耐久性がどうなるか...。
追記:
乗り心地はやっぱり硬いです。やや荒れたアスファルトを走ってる時にPro4の場合は振動が若干吸収される感じに「ゴゴゴゴゴゴゴ」という感じだったのですが、GP4000Sの場合は「ガガガガガガガ」という感じにほぼストレートに振動が来ます。けどまぁ、マキシスフライウェイトと組み合わせた場合は個人的には許容範囲内だと思います。Pro4の乗り心地が恋しいと言えば恋しいですが...。

購入1ヶ月後。
特に変化無し。
ミシュランPro4の時は1ヶ月でひび割れが発生したのですがGP4000Sの場合は特に変化は無いです。自転車の保管場所はミシュランPro4の時と同じく屋根付き屋外駐輪場。
マキシスフライウェイトと言う極薄チューブを使ってますがパンクは一度も無し。

購入2ヵ月後。
接地面とサイドの中間辺りが若干茶色に変色しましたがそれ以外に変化無し。ひび割れも無し。パンクも無し。

購入3ヵ月後。
特に変化無し。
基本的に購入2ヵ月後と同じです。ひび割れ無し。パンク無し。
自転車カバーを付ける事にしたのでここから先は今までと違ってくると思います。

購入4ヵ月後。
後輪のサイドからケーシングの糸がニョロっと1本だけ出ました。とりあえずニッパーで切って様子見。
それ以外は特に変化なし。ひび割れ無し。パンク無し。

購入5ヵ月後。
特に変化無し。
ひび割れ無し。パンク無し。前回ニッパーで切ったサイドから出た糸も特に問題無し。
さすがに5ヶ月も使ってると接地面が平らになって減ってはきてますが、摩耗インジケーターとして空けられている穴がクッキリと見えるのでまだまだ問題無いと思います。

購入6ヵ月後。
特に変化無し。
ひび割れ無し。パンク無し。
ミシュランPro4の時はここで交換となったのですがコンチネンタルGP4000Sの場合はまだまだ使えそうです。
自転車を家の中で保管するようにしたのでここから先は今までと違ってくると思います。

購入7ヵ月後。
特に変化無し。
ひび割れ無し。パンク無し。
後輪タイヤがやや磨り減ってきたのですがタイヤのローテーションをしようかこのままにしようか迷い中...。
ちなみに同じ銘柄のタイヤを使い続ける場合はタイヤのローテーションはしないで後輪タイヤが限界になったら新しいタイヤを1本だけ買って新しいタイヤを前輪へ、そして前輪で使ってたタイヤを後輪へ、と言うのを繰り返す使い方の方が効率が良いです。
ただ、この方法の場合は違う銘柄のタイヤへ交換するなど2本のタイヤを同時に変えたい時は不便なのでその場合はローテーションの方が効率が良いです。
GP4000Sに不満は無いのでこのまま使い続けるのも良いと思うし、ミシュランPro4をもう一度使ってみたいとも思うし、シュワルベの新レース用タイヤONEも気になるし、どうしようかな...。

購入8ヵ月後。
特に変化無し。
ひび割れ無し。パンク無し。

購入8ヵ月と25日後位。
タイヤのローテーションをしました。
ローテーションをするかしないかで迷ったのですが、とりあえずローテーション有りでのGP4000Sの限界を知りたかった事と、今使ってるGP4000Sを使い切ったらミシュランPro4をもう一度使ってみたいとも思うしシュワルベの新レース用タイヤONEも気になる...という事でローテーションする事にしました。
ちなみに現在のタイヤの状態は、後輪タイヤは接地面の中央にあるヒラヒラは完全に消えて微妙に台形になってるけど摩耗インジケーターはクッキリと残ってる状態。前輪タイヤはヒラヒラがまだ微妙に残ってる状態です。
後輪タイヤの摩耗インジケーターが消えそうになるタイミングでローテーションでも良かった気がしますが、長い間放置してタイヤとチューブが張り付くのは嫌だったのでとりあえずこのタイミングでやってみる事にしました。
特にトラブルは無く作業は完了。WH-6700(ホイール)とGP4000Sの相性が良い為か外す時も着ける時も簡単でした。と言うか、むしろゆるすぎて不安になる位です。

購入9ヵ月後。
特に変化無し。
ひび割れ無し。パンク無し。

購入10ヵ月後。
特に変化無し。
ひび割れ無し。パンク無し。
と言うか...。購入10ヵ月後とは2014年2月の事になるのですが、大雪の影響でほとんど乗れませんでした...。

購入10ヵ月と18日位後。
GP4000Sが「コンチネンタル Grand Prix 4000 S II」へモデルチェンジするそうです。
http://www.conti-online.com/www/bicycle_de_en/10_racetyres/Grand_Prix_4000_S_II.html
GP4000Sの時点ですでに完成されてるタイヤだと思うのですがどうなるかな?。

購入11ヵ月後。
特に変化無し。
ひび割れ無し。パンク無し。

購入1年後。
細かいひび割れが若干出てきましたが特に問題無いと思います。パンク無し。
ついに1年持ちました。ロード用のレース用タイヤは1年持てば上出来と言われてるので耐久性に関しては(レース用タイヤとしては)パーフェクトだと思います。
GP4000S IIとかシュワルベのONEとか気になるタイヤもありますが、せっかくローテーションをしたのでまだまだこのタイヤを使っていこうと思います。

購入1年と5ヵ月後。
ひび割れ無し。パンク無し。
...なのですが、最近グリップが弱くなってきました。止まる直前に前輪や後輪がツルっとすべる事がたまにあります。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。