スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ESCAPE R3で使うライト。


GENTOS(ジェントス) 閃 355 【明るさ100ルーメン/実用点灯10時間】 SG-355B

自転車用のライトではなく懐中電灯にパイプホルダーが付いてる...と言う代物です。けどまぁ、ほとんど自転車用ライトです。と言うか、自転車用ライトの定番にもなってます。
購入時の価格:Amazonで2315円。

小さい、明るい、安い、電池の持ちは...。
ママチャリ用のライトとは比べ物にならないほど明るいのですが真っ暗な所を走る時は少々暗い。夜走る事が多い場合は2個欲しいかも。
電池の持ちはカタログスペックで10時間ですが実際はエネループで3時間位。まぁ、すぐ電池が切れてしまうのでエネループ必須。
付属のパイプホルダーはESCAPE R3のハンドルバーに問題無く付きました。
電池の持ちがちょっと悪いですが、小さい、明るい、安いの3拍子で、電池の持ちも3時間持てばとりあえず普通に使えるのでなんだかんだでバランスの良いライトだと思います。


-----

GENTOS(ジェントス) 閃 325 【明るさ150ルーメン/実用点灯10時間】 SG-325

自転車用のライトでは無くただの懐中電灯です。けどまぁ、パイプホルダーと組み合わせて自転車用のライトとしても有名です。ちなみに上のGENTOS 閃 355と違ってパイプホルダーは付属してないので自転車のハンドルに取り付ける場合は別途パイプホルダーが必要です。
購入時の価格:Amazonで1,727円。

使用感:
GENTOS 閃 355と比べて数値上では1.5倍明るくなってるのですが、体感的には1.2倍か1.3倍位かな?っと思います。355と比べて明るくなったのは確かなのですが、なんとなく明るい...という感じです。
けど、街灯が全く無い真っ暗な道を走ってる時はこの少しの差でもかなり大きいです。とは言っても、そんな道を走ってる時は325でも力不足を感じるので明るさを求めるならダブルライト以上は必要かな?っと思います。
電池の持ちは355と大体同じでエネループで3時間位です。ちなみに完全に消えるまで...では無く、「そろそろ電池切れかな?」と思う位の暗さになるまで3時間くらいです。
電池切れによる明るさの変化についても355と大体同じで突然暗くなる傾向です。まぁ、突然暗くなると言ってもいきなり明かり消える訳ではないので「そろそろ電池切れかな?」と思う暗さになったら充電(エネループ)をすれば問題無いと思いますが、安全面を考えたら予備電池持って行くかダブルライトにした方が良いかもしれません。
355には点滅機能があるのですが、325には点滅機能はありません。電池の消耗を抑えたい時や夕暮れなどライトを点灯させるほどではないけど視認性を上げたい時に点滅機能はあると便利なのでこの差はかなり大きいと思います。まぁ、別途フラッシャーを付ければ解決できる問題ですが、ライトを1つに絞りたい場合は355の方が便利かもしれません。

GENTOS 閃 355とダブルライトで使用:
暫定版。
とりあえず解った事...。街乗りと言うか街灯がある道路には必要無いと思います。355もしくは325のどちらか片方で十分だと思います。と言うか、街灯がある道路ではシングルライトとダブルライトの差がわかりませんでした。
街灯が全く無い真っ暗な道路には効果あり。けど、2本のライトの明かりが重なる部分は明るさが2倍...にはならなくて、明るい方のライトが優先されてしまい暗い方のライトをかき消してしまう感じです。なのでライトの明かりが重ならないように照らす工夫が必要かも。たとえば片方をスポット側にしてもう片方をワイド側にするとか、片方を上向きにして遠くを照らしてもう片方を下向きにして手前を照らすなど。

ちなみにパイプホルダーは2種類買いました。

Bikeguy バイクライトホルダー(ライト別売り)

ベルクロで巻き付けるタイプのパイプホルダー。
購入時の価格:Amazonで500円位。
取り付けるハンドルによると思いますが、私の場合はそのままベルクロでハンドルに取り付けると固定力が弱くて頻繁にズレてしまうのでCATEYEのフレックスタイトでハンドルに固定してます。
ちなみにフレックスタイトは補修部品で探せば安く手に入ると思いますが、私は↓を使ってます。

CATEYE(キャットアイ) ベル [真鍮製 ブラック] OH-2400

自転車用のベルです。上のBikeguy バイクライトホルダーと一緒に取り付けてしまえば一石二鳥です。フレックスタイトの方がかなり細いのでフレックスタイトとBikeguy バイクライトホルダーの間にプラスチック板等を挟んで補強した方が良いかも知れません。ちなみに私は下敷きを切って間に挟んで使ってます。
購入時の価格:近所の自転車屋さんで...忘れました(汗)。


ラバー ライトマウント【23-28mm】 最新LED フラッシュライト 自転車 取付用

ラバータイプのパイプホルダー。
購入時の価格: Amazon(マーケットプレイス)で175円+75円(送料)。
ESCAPE R3標準ハンドルのハンドルクランプ径25.4mmなら問題無いと思いますが、最近のドロップハンドルに多いハンドルクランプ径31.8mmに取り付ける場合は改造が必要です。まぁ、改造と言ってもM5×45mmもしくは×50mmのネジとM5のナットとワッシャーを買ってきてそちらに交換するだけですが...。
スポンサーサイト

ESCAPE R3で使うサイクルグローブ

近所のホームセンターで売っていた「イボイボ付き指切りカラー軍手」。
手袋(夏用)。
購入時の価格:近所のホームセンターで150円位。

グリップの向上...よりも、転んだ時の手の保護が目的。
本当は自転車用のグローブの方が良いのですがそちらは安くても3000円とかするので軍手で代用...。ただ、軍手は無いよりはマシ程度なのでいつかは自転車用のグローブを...。

初心者の人にはあまりピンと来ないかもしれませんが手袋はヘルメットと並んで防具として必須アイテムの一つだったりします。まぁ、30km/hとかでコケて地面に手をついたらどうなるか想像したら分かるかと...。


-----
近所のホームセンターで売っていた「イボイボ付きカラー軍手」。
手袋(春秋用)。
購入時の価格:近所のホームセンターで150円位。

指切りではない普通のイボイボ付きカラー軍手。
本当は自転車用のグローブの方が良いのですがそちらはお高いので軍手で代用...。ただ、軍手は無いよりはマシ程度なのでいつかは自転車用のグローブを...。


-----
近所のスポーツデポで売っていた「スキー・スノーボード用手袋」。
手袋(冬用)。
購入時の価格:近所のスポーツデポで2980円。

本当は自転車用手袋の方が良いのですがお高いので...。
スキー・スノーボード用だけあって防寒性能は素晴らしいです。インナー手袋も使えば真冬の早朝とかでも問題無いかと。ただ、発汗性は考えられてないので汗をかくと蒸れます...。
手のひらの部分はゴムみたいな素材になっていて滑り止めになってます。
かなりダボダボしてるのでシフト操作で問題が出るかな?っと思ったらESCAPE R3(2013年モデル)のトリガーシフトでは問題無し。

ESCAPE R3をドロップハンドル化してドロップハンドルでも使ってみました。
ダボダボしてるのでSTIレバーでは無理かな?っと思ったのですが意外と問題無かったです。ただ、手袋の中で手が動いてしまうのでその点は使い難いです。特に汗をかくとツルッツルに滑ります...。


-----
近所のサークルKで売っていた「warm one ピタッとフィット手袋」。
インナー手袋(冬用)。
購入時の価格:近所のサークルKで630円。

タグの裏を見ると「日本手袋工業組合」と書かれていたので「日本手袋工業組合 超極細せんい245本の新感覚手袋」と多分同じ。

追記:
冬用手袋として使った「スキー・スノーボード用手袋」が優秀だった為か出番はほとんど無かったです。
まぁ、真冬の早朝や深夜をメインで乗る人なら必要かもしれませんがそうで無い場合は必要無いかもしれません。

追記2:
パールイズミのウィンドブレークサーモグローブ7218(冬用の自転車用グローブ)で大活躍。
冬用の自転車用グローブ全般的...かは分かりませんがパールイズミのウィンドブレークサーモグローブ7218の場合は発汗性を考えてか若干通気性がある作りになってるので見た目よりも防寒性能が悪く、真冬では昼間でもインナー手袋が必須となり大活躍です。

-----

(パールイズミ)PEARL IZUMI メンズ レーシンググローブ

パールイズミの指切りグローブ(夏用)。
購入時の価格:近所の自転車さんで3,045円(多分定価)。ちなみに購入したのは白色です。

ついに自転車用の手袋を購入。
この前までは自転車用手袋なんて高いのでホームセンターに売ってる軍手で十分と思っていたのですが、最近は自転車屋さんへ行くと「お、パールイズミの手袋が3千円か...安いな。」と思うように。自転車沼、ほんと恐るべし。

という事で購入しました(汗)。
私はどちらかというと手が大きい方なので普段手袋を買う時はLを買う人なのですが、パールイズミは他と比べると若干大きいのと、手袋は使ってる内に伸びてくるので始めは若干きつめでも後の事を考えるとMサイズを選んだ方が良い...っと自転車屋さんからアドバイスを頂いたのでMサイズを購入しました。
実際にはめてみたら確かに若干きつめでしたが使えないほどのきつさでは無いので伸びてくるを期待してこれで様子見。
ただ、私は手は大きいのですが指は細いと言うか標準(?)なので良かったのですが、手が大きくて指が太い人はMはかなりきついかもしれません。

パッドが猫の肉球みたいにぷにぷに。
自転車用の手袋なので硬いパッドが入ってるかと思ったのですが意外と柔らかくぷにぷにでした。

外すのにコツがいる。
自転車用の指切りグローブ全般に言えることだと思うのですが、手袋の指の部分を引っぱって...ではうまく外せません。
手のひら側の手首の方から反対の手の親指を突っ込んで親指で手袋の指の部分を押しながら外すとうまく外れます。


使用感:
クロスバイクと言うかフラットハンドルにはちょっと向かないかも。
ハンドルの握り方の問題かもしれませんが、親指もグリップの上へ乗せて手のひらの母指球と小指球の間に体重をかけるハンドルの握り方をしてる為か母指球のパッドと小指球のパッドの間の薄くなってる所に体重がかかってしまいパッドがうまく当りません。って...特殊な握り方と言えば特殊だと思うのであまり参考にならないかもしれませんが...。けどまぁそれでも軍手よりはかなりマシかな?。一番体重のかかる母指球と小指球の間には振動の吸収等の効果は無いですがそれ以外の部分は快適です。
試しにバーエンドバーを握ってみたら体重がかかる位置にパッドがうまく当るのでハンドルを縦に握るドロップハンドルにはピッタリだと思います。
にしても、バーエンドバーを握った時のパッドの当り具合がかなり良かったのでドロップハンドルが欲しくなるグローブと言うか何というか...。そう言う意味ではちょっとヤバイグローブかもしれません(笑)。

ドロップハンドルで使ってみました。
軍手を使うのが馬鹿らしくなる位に快適でした。
ドロップハンドルの場合は体重がかかる位置にパッドがうまく当るのでとても快適です。
若干母指球と小指球の間のパッドが無い所が痛くなる時がありますが逆にここにパッドが付いてるとドロップハンドルが握り難くなると思うのでパッドは無い方が正しいと思います。まぁ、良くも悪くもドロップハンドルに特化したグローブだと思います。

ただ、欠点(?)があります。
ほんと、軍手を使うのが馬鹿らしくなる位に快適なので秋用・冬用でも自転車用グローブが欲しくなります。
秋用・冬用の自転車用グローブは夏用と違って値段がお高いのでこれがかなりのネックです...。


-----

(パールイズミ)PEARL IZUMI メンズ ウィンドブレーク サーモ グローブ 7218

パールイズミの0C対応の冬用グローブ。
購入時の価格:近所の自転車さんで7,500円位。ちなみに購入したのは白色のLサイズです。

夏用で買った自転車用グローブの使い心地が忘れられず冬用も購入。
たかが手袋に7500円って間違ってる気がしなくも無いですが自転車沼にどっぷりハマってる人にとっては「なんだ、スポーツデポで売ってるスキー・スノーボード用手袋に4千円ほど足せばパールイズミの手袋が買えるじゃないか、数年使う事を考えれば安い安い」と言う考えに...。自転車沼ほんと怖い怖い(笑)。

ちなみに2013年12月現在、購入した上記のグローブはいわゆる旧型商品です。そして後継商品が出てます。

(パールイズミ)PEARL IZUMI ウィンドブレーク サーモ グローブ 7218

こちらです。

という事で旧型を購入しました。
理由はただ単にいつもお世話になってる自転車さんに新しい方の在庫が無かった為です。そのまま買わずにお店を出てAmazonで買う事も考えたのですが、いつもお世話になってる自転車屋さんなので旧型でも良いか...と言う感じで購入です。

使用感:
見た目は皮製のスキー用手袋みたいに分厚いのですが、発汗性を考えてか若干通気性がある作りになってるので見た目よりも防寒性能は悪いです。と言うか、防寒性能に関しては2980円で買ったスポーツデポのスキー・スノーボード用手袋より悪いです。
個人的にインナー手袋を使えば5C程度なら快適。逆に言うとインナー手袋が無いと5C程度でも厳しいです(短時間なら良いけど長時間は難しいです)。まぁ、インナー手袋は必須。と言うか、そもそもインナー手袋を使う事が前提で作られてる手袋な気がします。
通気性がある作りになってるので5C前後でかつ手に汗をかくような運動量の時は蒸れずに快適です。インナー手袋を使ってでの話なのでインナー手袋を外せばもう少し高い温度でも快適だと思います。と言うか、手に汗をかかない位の運動量だと指先が冷たくなってくるのでインナー手袋必須に加えて手に汗をかくような運動量が前提で作られてる手袋な気がします。
逆に通気性がある作りになってるおかげで防水性能は皆無。雪とか雨の日には使い物にならないと思います。
まぁ、真冬の晴れた日の昼間用でかつスポーツ走行用手袋...かな?。真冬の通勤・通学とか真冬の早朝・深夜には向かないと思います。
パッドはちょっと微妙...。母指球にパッドが無いのでドロップハンドルの場合はブラケットポジションで一番体重がかかる母指球には振動の吸収等の効果は無いです。まぁ、元々分厚い手袋なのでパッドは無くても問題無いような気もしますがブラケットポジションではスキー・スノーボード用手袋と大して変わらないと思います。
小指球のパッドが母指球と小指球の間まである位に幅広なのでフラットハンドルでは快適だと思います。ちなみに後継商品のパッドの配置を見ると小指球のパッドが縦長になってるので後継商品の場合はちょっと違ってくると思います。と言うか、パッドの配置は旧商品の方が良いような...。
STIレバーの操作は特に問題無かったです。

使用感その2(まとめ):
とりあえずワンシーズン使ってみたのでまとめようと思います。
インナー手袋必須!。ほんと、コレが無いと話にならないです。というか、インナー手袋を使う事が前提で作られてる手袋だと思います。
インナー手袋を使えば下は0C、インナー手袋を外せば上は10C、が快適に使える範囲かな?。上はもうちょっと高い温度でもいけるかもしれません。
0C以下でも何度か使いましたが0C以下になってくると運動量によっては寒さで指先が痛くなるなどある程度の我慢が必要になってきます。まぁ、我慢が出来る人なら-5Cでも使えるかな?。
パッドの効果は全く無し。フラットハンドルなら効果があるかもしれませんが、母指球にパッドが無いのでドロップハンドルの場合はパッド無しの手袋と変わらないです。
通気性がある作りになってるので蒸れ難いです。個人的にこの手袋の最大の利点はコレだと思います。
STIレバーの操作で不満に思った事は無かったです。まぁ、特に問題無いと思います。
簡単にまとめると、インナー手袋を使えば対応できる温度が広く、そして蒸れ難い。そんな手袋だと思います。


-----

(パールイズミ)PEARL IZUMI メンズ UVフルフィンガーグローブ 28 5 ホワイト L

パールイズミのUVカットのフルフィンガーグローブ。春秋用で購入。日焼けが嫌で夏でも長袖を着る派なので夏でも使えたら良いのですがどうなるか...。
購入時の価格:近所の自転車さんで5,000円位。ちなみに購入したのは白色のLサイズです。

たかが手袋に5000円って間違ってる気がしなくも無いですが自転車沼にどっぷりハマってる人にとっては(以下略)。
つか、最近、5000円が安いと思うようになってきた自分がほんと怖い。

使用感(暫定版):
手袋の内側にある縫い目が爪の間に挟まる...。もの凄くむずむずします。コレ、ダメな人はダメだと思います。
夏に使うのは難しいかな?。春・秋には丁度良いと思うけど夏に使うと暑いと思います。手のひら側がメッシュになっているのですが、走行中は意図的に手を「パー」にしない限りそこから風が入ってくる事は無く結構蒸れます。とりあえずこの辺は真夏で実験してみようと思います(現在は春なので)。
(ドロップハンドルのブラケットポジションで一番体重がかかる)母指球のパッドはおまけ程度かな?。個人的に軍手よりはマシ程度だと思います。パールイズミのレーシンググローブ(指切りグローブ)と比べるとレーシンググローブの方が圧倒的に良いです。
中指の指先の部分に滑り止め加工がされているのでSTIレバーの操作は快適です。カーボンレバーと言う贅沢でかつ滑りやすいSTIレバーを使ってますがこのおかげで滑らずに変速が出来ます。
とりあえずの暫定版。個人的に思うに「手袋の内側にある縫い目が爪の間に挟まる」で好みがもの凄く分かれると思います。

追記(2014年10月):
夏に使ってみました...が、今年の夏はかなり涼しかったので蒸れに関してはとりあえず保留にします。
手袋の内側にある縫い目は...やっぱり気になります。けどまぁ、私は慣れました。でも、ダメな人はダメだと思います。
パッドはブラケットポジションの場合はおまけ程度だと思います。個人的にはこれも慣れましたが、同じパールイズミのレーシンググローブ(指切りグローブ)と比べると感動は薄いです。逆に下ハンの場合は大きくて厚いパッドがうまく当たるのでとても快適です...が、私は下ハンを握れるほどの実力は無いので宝の持ち腐れ状態です(汗)。
少しまとめると、対応出来る季節の幅が広いのがこのグローブの最大の特徴かな?っと個人的に思います。うまく行けば春・夏・秋っと3シーズン使えると思います。ただ、手袋の内側にある縫い目が人を選びます(笑)。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。