スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ESCAPE R3の改造で効果が大きかったパーツ。

効果が大きかった改造のインプレです。

23c化(ホイール&タイヤ&チューブ交換):
SHIMANO(シマノ) ULTEGRA ホイール WH-6700 チューブレス対応 前後セット
コンチネンタル グランプリ4000S 700×23C 2本セット
MAXXIS(マキシス) FLY WEIGHT TUBE フライウェイトチューブ 700x18~28c 仏式バルブ 48mm 3MX-FW214(実際に使ってるのはバルブ長36mmです)

ESCAPE R3(2013年モデル)の純正と比べると約1kgの軽量化。
個人的に一番効果が大きかった改造です。

ホイールやタイヤなど回転系の重量は実際の重量の4倍から15倍と言われてるので軽量化の効果が大きいです。特にホイールやタイヤはそれが良く出ます。その為、普通は数百グラム(場合によっては数十グラム)単位で軽量化していく所なのですが、それを一気にキログラムの軽量化。何と言うかある意味ESCAPE R3の醍醐味かもしれません(笑)。
まぁ、ここまで極端に軽量化すれば軽さを実感できるでしょう...と言う位に効果は大きかったです。特に漕ぎ出しと上り坂(緩やかな上りを含む)で効果が大きく、長距離を走った後の疲労感も結構違います。何気に下りで40km/hとか出してる時も結構楽だったのですがこれはハブ、エアロスポーク、タイヤの影響かな?。あと、何と言ってもモチベーションが違います(笑)。さらに重さだけではなく乗り心地も変わるので色々な意味で変化が大きかったです。
ただ、ママチャリからESCAPE R3へ乗換えたほどの激変は無いです。まぁ、ママチャリとESCAPE R3では10kg近くの重量差があるので...。

参考ページ。
ロードバイク用ホイール シマノ ULTEGRA WH-6700
ロードバイク用タイヤ コンチネンタル GP4000S 700×23C
ロードバイク用チューブ マキシス フライウェイトチューブ 700x18~28C
ロードバイク用タイヤ ミシュラン PRO4 サービスクルス 700×23C
ロードバイク用チューブ ミシュラン AIRCOMP Latex Tube 700×22-23C


ビンディングペダル:
シマノ(SHIMANO) ペダル PD-M985 SPD
SHIMANO(シマノ) PD-A600 片面SPD ペダル
シマノ/SH-CT40L/ブラック/SHIMANO CLICK’R Click’R&SPD (黒, 42)
パールイズミ 【15112005】X-ALP DRIFT 2 42(26.2cm)
SHIMANO(シマノ) SM-SH56クリートセット(マルチモード/ペア)

ペダルと足を固定するペダルと靴です。
個人的に二番目に効果が大きかった改造です。

ただし、効果が大きいと思うようになるにはかなりの慣れが必要です。
ビンディングに慣れて、ペダリングをビンディング用のペダリングに変えて、クリートの位置を1ミリ単位で調整...っと長い時間をかけて調整していく必要があります。
その為、買って、取り付けて、すげぇー!。という物では無いので注意。

さらに欠点もあります。
足とペダルが固定されるのでとっさの時は固定されたままで事が起きる。
けどまぁ、20km/h以上で走っている時はビンディングの有無で大差は無いと個人的には思います。フラットペダルでも20km/h以上でコケたら気が付いたら地面の上で倒れてると思うので...。ママチャリと同じ位の速度で走るならビンディングは必要無いと思うのでその場合は付けない方が良いと思います。
立ちゴケ。
これは覚悟するしか無いと思います。ただ、マルチクリートにすれば結構防げると思います。
それと、ビンディングに慣れてくると両足のビンディングを外した方が良いと思う場面では自然と外すようになるので慣れで回避できる部分も多いです。
気楽さが無くなる。
専用のシューズを履く事になるので気楽さはかなり無くなります。ヘルメットも必須になるのでちょっと近所へ...でもヘルメットをかぶって行く事に...。まぁ、近所用でママチャリも用意しておきましょう。

ビンディングペダルの種類。
ビンディングペダルはシマノのSPDとSPD-SL、海外メーカーのスピードプレイやタイムなどあるのですが、シマノのSPD以外はほとんどレース用なのでESCAPE R3には向かないと思います。まぁ、ESCAPE R3でレースに出るなら話は別ですが...。と言うことでESCAPE R3ならSPDが無難だと思います。
SPDは一応MTB用という位置づけなのですが、ツーリング用のペダルやツーリング用のシューズも用意されているのでどちらかと言うとMTB兼カジュアル用と思っても良いと思います。
SPDペダルは大きく分けて、片面SPDケージ付きモデル、両面SPDケージ付きモデル、両面SPDケージ無しモデル、両面SPD特大ケージ付きモデルの4つがあります。両面SPD特大ケージ付きモデルは完全にオフロード用なので基本的に舗装路を走るESCAPE R3には向きません。と言うことで実質、片面SPDケージ付きモデル、両面SPDケージ付きモデル、両面SPDケージ無しモデルの3つになります。
どれが良いかはぶっちゃけ好みです。軽いのは片面SPDケージ付きモデルなのですが、信号待ちなど着脱を繰り返す時に面倒くさいです。両面SPDケージ付きモデルはその逆で、信号待ちなど着脱を繰り返す時は便利なのですが重いです。両面SPDケージ無しモデルは軽く着脱を繰り返す時も便利なのですが踏み面が小さいです。

シューズのサイズ選びがもの凄く重要なので注意。
日本人は幅広な足が多く、欧米人は縦に細長い足が多い。そして、自転車用のビンディングシューズは需要の関係上、日本で売られているシューズでも欧米人向けに作られているのが多いです。つまり、細長いシューズが多いです。
その為、普段履いてる普通のシューズと同じサイズを選ぶと縦幅は丁度良く横幅が若干キツイ、その一つ上のサイズを選ぶと横幅は丁度良く縦幅はぶかぶか...と言うシューズに良く当ります。
ここで仕方が無い...と妥協してどちらかを選んでしまうと地獄が待ってます...。特に横幅がキツイ方を選んでしまうと後々シューズを買い直す事になると思います。
解決策はとにかく試着しまくって自分に合うシューズを探すしか無いです。とは言っても上記の通りほとんどが細長いシューズなので幅広な足をしている人はもの凄く苦労します。
ちなみに私が購入したパールイズミのX-ALP DRIFT 2とシマノのSH-CT40の横幅は...。普段は横幅EEEEと言うスニーカーでゆったり目...というMy足で普段のスニーカーと同じサイズを選んだ場合、パールイズミのX-ALP DRIFT 2は徒歩の時に拇指球の側面(親指の付け根の側面のふくらみ)と小指が少し圧迫されやや問題が出る...という位の横幅。多分EかEEだと思います。SH-CT40は徒歩の時に若干小指が当る程度でほぼピッタリサイズ。これで何十キロのマラソンで走れと言われれば拒否しますが普通に生活する分には問題無い感じです。多分EEかEEEだと思います。
近所の自転車屋さんほぼ全てを回って試着しまくったのですがSH-CT40以上に幅広なシューズは見つからず...。とりあえず自分の足が幅広だと思う人はSH-CT40を試してみてぶかぶかだったらX-ALP DRIFT 2を試す...と言う感じで良いかもしれません。
SPDシューズとしての性能はX-ALP DRIFT 2もSH-CT40も歩きやすさがコンセプトの靴。X-ALP DRIFT 2は靴底が厚く硬いので普通のスニーカーと比べると歩き難いですがその分SH-CT40よりもペダルが漕ぎやすいです。SH-CT40はほとんど普通のスニーカーです。クリートがカチカチと地面に当るので違和感はありますが、時々SPDシューズと言うの忘れてしまう位に歩きやすいです。ただ、ペダルの漕ぎやすさは微妙。ちなみに重さは体重計で量ってみたらどちらも0.8kg(両足。サイズは42。クリート付き)と同じでした。
歩きやすいシューズはペダルの漕ぎやすさを犠牲にしてしまうので本格的に自転車に乗る人にとってはどちらのシューズも邪道なシューズかもしれませんが基本的にカジュアルスタイルなESCAPE R3用としてはどちらもかなり良いシューズだと個人的には思います。

個人的な意見ですが...。
初めてビンディングにする場合は靴は2足以上買った方が良いと思います。
意外とクリートの位置調整がもの凄くシビアです。1ミリずれただけでも違和感が出る位です。
で、クリートの位置を調整する時に靴が2足あるとクリートの位置の比較が出来るようになるのでもの凄く便利です。特に初めてビンディングにする場合は自分に最適なクリートの位置が解らないのでこれが出来る出来無いではかなり違います。
さらに、靴が2足あれば高回転重視に設定した靴と、高トルク重視に設定した靴...っと使い分けも出来るようになるので便利です。
いきなり2足と言うのは難しいかもしれませんがビンディングに慣れた頃にもう1足買ってクリートの位置を調整してみると良いかもしれません。

マルチクリート。
初心者...特にフラットペダルに慣れてる人はほぼ必須。
これで何度も助けられてます。

参考ページ。
SPDペダル シマノ PD-M985
SPDペダル シマノ PD-A600
SPDシューズ シマノ SH-CT40
SPDシューズ パールイズミ X-ALP DRIFT 2
SPDシューズのクリートの位置。
ビンディングペダルの効果。
立ちゴケ。


スプロケットのクロスレシオ化:
SHIMANO(シマノ) CS-HG50-8 カセットスプロケット 8スピード 13-14-15-16-17-19-21-23T

スプロケの交換です。
個人的に三番目に効果が大きかった改造です。
ただ、ESCAPE R3をどのような目的で乗るかによって効果が大きく変わる改造だと思います。
例えば長距離をメインで乗る場合は効果が大きく、街乗りをメインで乗る場合は効果が小さいと思います。さらに峠や上り坂をレースやタイム短縮目的ではなく単純に登り切る事を目的とした場合は純正のスプロケ(ワイドレシオ)の方が良い場合もあります。

長距離を走る場合は道路の状況(上りや下りなど)や風の向きに合わせて細かくギアを変えたいのでスプロケをクロスレシオ化する効果は大きいと思います。ただ、純正(2013年モデル)のSRAM PG-830 11-32Tも悪くは無いので街乗りオンリーなら変える必要は無いかも。
12-21Tと13-23Tで迷ったのですが個人的には13-23Tにして正解だったと思います。21T縛りで走ってみたら前ギアをインナーにしても斜度8%超えの坂は無理(と言うか23Tでも結構キツイ)。さらに上り坂や強い向かい風もしくはその両方の時に前ギアをインナーに変える機会が多くなり面倒くさいです。まぁ、この辺はエンジン次第だと思いますが...。
ちなみにESCAPE R3の前ギア・インナーと後ギア21Tはロードバイクのノーマルクランク(ダブルクランク)で前ギア・インナーと後ギア28Tと大体同じです。
ESCAPE R3の前ギア・インナーと後ギア23Tはロードバイクのコンパクトクランク(ダブルクランクの小さい方)で前ギア・インナーと後ギア28Tと大体同じです。

スプロケを交換するにはスポークプロテクターを外す必要があるので注意。まぁ、それによるリスクを理解できない人はやめた方が良いと思います。

ちなみに現在は10速化をしたので使ってません。
けど、10速化した現在でもトリプルクランク+13-23Tのスプロケは便利だったな...と思う事が良くあります。

参考ページ。
ESCAPE R3のスプロケット交換。


ハンドル交換&バーエンドバー取り付け&ステム交換:
AMOEBA(アミーバ) MTBストレートハンドルバー HB-M210 SIL
AMOEBA(アミーバ) アルミバーエンド(ロングタイプ) JY-880 SIL
FOGLIA(フォグリア) ステム AS-023 120mm

現在はドロップハンドル化をしたので使ってません。

まずはハンドル。
ハンドルを交換して軽量化...ではなく、ハンドルをカットして長さを調整したのが大きかったと思います。
まぁ、ハンドルのカットなら純正のハンドルをカットすれば同じ事ですが、純正のハンドルを切ってしまうのは勿体無いと思うので...。という事でついでにハンドル交換です。
ESCAPE R3(2013年モデル)純正ハンドルのハンドル幅は540mm。元からこの長さで合ってる人は必要無いですが、個人的には長すぎて使い難かったです。
ちなみにロードバイクで使われているドロップハンドルのハンドル幅は左右のハンドルのエンドからエンドの幅でかつパイプの中心から中心の長さで400mmもしくは420mmが一般的です。ちょっと解り難い長さですが...フラットハンドルのグリップを握って中指から中指の長さで400mmもしくは420mmに概ね一致します。これを参考に調整してみると良いかもしれません。

バーエンドバー。
フラットハンドルでポジションを変えられるようになるパーツです。
上り坂の時にバーエンドバーの根元を握ってグっと引っ張りながらペダルを漕いだり、親指以外の指4本をバーエンドバーに引っ掛けてリラックスして乗ったりなどポジションを色々と変えられるようになる代物です。
ただ、色々と試していく内にバーエンドバーの必要性に疑問が出るようになりました。
まず上り坂ですが、ハンドルを引っぱる...のではなく、逆に体をハンドルに押し付けて(ひじを曲げて前傾姿勢を取って)平地と同じサドル・ペダル・ハンドルの重量バランスにして登った方が効率が良いという説もあります。多分ダンシングが苦手な人向きの方法だと思うのですが、実際にやってみるとこれはこれで登りやすいです。で、この方法の場合はバーエンドバーは必要なくなります。
まぁ、逆にハンドルを引っぱりながら登った方が楽と言う人は多分ダンシング向きだと思うのでその場合はバーエンドバーはあった方が便利だと思います(ダンシングの時もバーエンドバーはあった方が便利です)。
次に親指以外の指4本をバーエンドバーに引っ掛けて...ですが、これはステムが短すぎるのが原因な可能性が高いです。実際、ステムを長くしたらこのポジションで乗る事は少なくなりました。
という事で...。人によっては効果の薄いパーツかもしれません。

バーエンドバーの別の使い方として...。
買い物袋やヘルメットを引っ掛けるフック。
タイヤ交換など自転車をひっくり返した時のサイコンやライトの保護。
同じく自転車をひっくり返した時の固定用の足。
風などで自転車が倒れてしまった時のハンドル・グリップ・ブレーキレバーなどの保護。
としても機能します。
これが意外と便利です(笑)。特に「買い物袋やヘルメットを引っ掛けるフック」なんてドロップハンドル化した現在でも欲しい機能です。なので、個人的にはなんだかんだであれば便利なパーツだと思います。

ステム交換。
ESCAPE R3は一般的なクロスバイクと比べるとトップチューブが短いです。
良い意味で言うとロードバイクに近いです(それ故にドロップハンドル化がしやすいです)。悪い意味で言うとクロスバイク(フラットハンドル)としては短いです。
なので、身長170cm位の人でフレームサイズSを買ったなど「フレームサイズで迷ったら小さい方!」でESCAPE R3を買った人は元々短いトップチューブに加えて小さめなフレームになるのでサドルからハンドルまでの距離がもの凄く短くなります。
ちなみにフレームサイズS同士でESCAPE R3とロードバイクのDEFYを比べると...。
ESCAPE R3のトップチューブは545mm。ステムは90mmなのでサドルからハンドルまでの距離は545mm + 90mm = 635mm。
DEFYのトップチューブは530mm。ステムは90mm。ドロップハンドルのリーチ(突き出し量)は90mmなのでサドルから下ハンドルまでの距離は530mm + 90mm + 90mm = 710mm。ちなみにドロップハンドルで一般的なポジション(本来は下ハンの方が基本の位置なのですが...)であるブラケットまでの距離はブラケットの突き出し量があるのでこれと大体同じか若干長くなります。
DEFYのハンドルまでの長さからESCAPE R3のハンドルまでの長さを引くと...。710mm - 635mm = 75mm。つまり、75mm短い事になります。まぁ、逆に言うとリーチ75mmのドロップハンドルを付ければDEFYと同じになるのでドロップハンドル化の面では他のクロスバイクでは真似が出来ないほどのもの凄いメリットになるのですが...。
さすがにDEFYの下ハンと同じ長さにすると街乗りで乗り難くなると思うのでDEFYの下ハンと同じ長さにするのはお勧めしませんが、身長170cm位の人でフレームサイズSを買った人なら120mm(純正ステムと比べて+30mm)もしくは130mm(純正ステムと比べて+40mm)のステムへ交換してしまっても良いかもしれません。まぁ、逆にハンドルは近い方が良いと思う人なら今のままでも良いと思いますが...。
ちなみに私は身長172cmでフレームサイズSを買った人なのですが、120mmのステムへ交換してまだ短いと思いました。でも、短いと思っても交換した事による効果は大きかったです。
ステムの交換はヘッドパーツの玉押し調整が必要な分、自分で交換するには少々難しいパーツなので改造に自信が無い人は自転車屋さんにお願いした方が良いかもしれません。

参考ページ。
ESCAPE R3のハンドル交換。
ESCAPE R3のバーエンドバー取り付け。
ESCAPE R3のステム交換。


シートポスト交換:
Tifosi - カーボンシートポスト 27.2 / 300mm

純正のサスペンションシートポストはどうしても嫌だったので個人的に変えて効果が大きかったです。まぁ、元々マイナスの乗り心地がゼロになるパーツなので効果が大きいパーツかは微妙ですが...。
それと、プロショップでESCAPE R3を購入した場合はサドルの高さをしっかりと調整してあると思うので問題無いと思うのですが、そうで無い場合は股下×0.875でサドルの高さをしっかりと調整すると効果が大きいです。

純正のサスペンションシートポスト -> アルミシートポスト -> カーボンシートポスト
っと変えていきましたが、純正のサスペンションシートポスト -> アルミシートポストは良くも悪くもマイナスの乗り心地がゼロになる感じです。まぁ、良くも悪くもアルミシートポストは普通です。
アルミシートポスト -> カーボンシートポストは購入したカーボンシートポストがアルミ並みに重いカーボンシートポストだったので軽量化にはならなかったのですが乗り心地に変化がありました。まぁ、チューブを変えた程度の変化なので微妙と言えば微妙なのですが...。ちなみにカーボンシートポストは海外通販で安く売ってる場合があるのでもし利用する機会があったらついでに探してみると良いかもしれません。ただし、安物のカーボンシートポストにはアルミにカーボンを巻いただけのいわゆるカーボン巻きというシートポストもあるので注意。

参考ページ。
ロードバイク用カーボンシートポスト Tifosi - カーボンシートポスト


ブレーキシュー交換:
SHIMANO(シマノ) S70C(BR-M770)ブレーキシューセット(ペア) ※Vブレーキ用のカートリッジ式ブレーキシューホルダー(S70Cと言うドライ走行用のブレーキシュー(ゴムの方)付き)。
SWISS STOP(スイスストップ) RX PLUS GHP2 ※Vブレーキ用のブレーキシュー(換えゴムのみ)。別途カートリッジ式ブレーキシューホルダーが必要。

地味だけど意外と効果が大きい改造です。

ブレーキシューを変えるとブレーキ性能が変化します。
純正のブレーキシューで不満が無ければ変える必要は無いと思いますが、ブレーキ性能に不満が出たらブレーキシューを変えてみると良いかもしれません。
ブレーキレバーを握ってガツンとブレーキが効いたのは良いけどガツンと効いた後は大してブレーキの効きが強くならず狙った場所で止まれない...とか、ちょっと強めにブレーキレバーを握ったら後輪がズズズズズっとロックする...とかありませんか?。この辺の問題はブレーキシューを変えると解決出来る可能性が高いです。

ただ、ブレーキシューのブレーキの効き具合(ブレーキタッチ)は各社...どころかブレーキシュー1つ1つでも違うので自分に合うブレーキシューを探すのは少し大変です。
なのでブレーキシューの交換は自分にとっての当たり外れが多くハマリ度がかなり高いです。その点は注意。まぁ、改造マニア的にはこれがまた面白い部分でもあるのですが(笑)。

普通の金具付きのブレーキシューを取っ替え引っ替えするとコスト的に良くない上に、高性能なブレーキシューはカートリッジ式の換えゴムのみと言うのが多いのでまずはカートリッジ式のブレーキシューホルダーへ交換した方が良いと思います。ちなみにESCAPE R3(2013年モデル)の純正ブレーキ(本体の方)はテクトロRX1と言うミニVブレーキなのでVブレーキ用のブレーキシューホルダーが使えます。
Vブレーキ用のブレーキシューホルダーは色々なメーカーから出てますが、大体の換えゴムはシマノのブレーキシューホルダーとの互換性で作られているのでブレーキシューホルダーはシマノが無難です。まぁ、大体のVブレーキ用のブレーキシューホルダーはシマノ互換で作られているのでどのメーカーでも問題無いと思いますが...。

じゃあ、ブレーキシュー(ゴムの方)もシマノで良いじゃん...っと思いきや、シマノのVブレーキシューは良くも悪くもMTBに特化してるのでクロスバイクやロードバイク用のホイールには使い難いです。
故にブレーキシュー探しの旅が始まります。

ちなみに高性能なブレーキシューはSWISS STOP(スイスストップ)とKool Stop(クールストップ)とBBBのほぼ3強(キャリパーブレーキ用だったらこれにシマノを加えて4強)なのでまずはこの3つのメーカーを試してみると良いかもしれません。

ブレーキ性能が悪いとブレーキ本体の方を疑いがちですがESCAPE R3(2013年モデル)純正のブレーキレバーとESCAPE R3(2013年モデル)純正のブレーキの組み合わせはロードバイクのSTIレバーとキャリパーブレーキの組み合わせに良く似たブレーキの効きの強さになってるのでブレーキ本体を交換する必要は無いと思います。
まぁ、ESCAPE R3(2013年モデル)純正ブレーキのテクトロRX1は見た目が安っぽいのでテクトロRX5など同じ規格のブレーキで見た目がもうちょっとマシなブレーキへ変えると言うのはアリだと思いますが、MTB用のVブレーキへ交換などブレーキの規格自体を変えてしまうのはあまりお勧めはしません。
まぁ、ブレーキ性能に不満が出たらまずはブレーキシューの交換を試した方が無難だと思います。

参考ページ。
ESCAPE R3のブレーキシュー交換。
ESCAPE R3のブレーキシューメモ。


----------
比較的お手軽に改造が出来て効果が大きかったパーツはここまで。
ビンディングペダル以外は改造した事により気楽さが無くなると言うデメリットは少ないのでESCAPE R3を気楽に乗る自転車と位置づけてる人もここまでの改造ならデメリットは少ないと思います。
まぁ、ビンディングペダルも慣れれば気楽に扱えるようになるのですが、普通に生活をしているとなんだかんだでSPDシューズから普通の靴への履き替えは必要になるのでその分気楽さは無くなります。

続きを読む »

スポンサーサイト

ESCAPE R3のドロップハンドル化。実行編。

10速化(ドライブトレイン総取替え)とセットでやってみました。10速化については「ESCAPE R3の10速化。実行編。」を参照。
ちなみにESCAPE R3の場合は先に10速化をしないとドロップハンドルを付けられません。まぁ、変速精度とかを無視すれば、STIレバー、リアディレイラー、スプロケ、チェーンだけでもいけるみたいですが、折角なのでフルセット交換の方が面白いと思います。

クロスバイクのドロップハンドル化と言うとロードバイクとのジオメトリの違いから難しい面もあるのですが、ESCAPE R3の場合はクロスバイクと言うよりもクロスバイクとロードバイクの中間位のジオメトリなので条件付きで難なく出来ます。
まぁ、簡単に結論から言うとESCAPE R3を買う時に「迷ったら小さい方!」でフレームサイズを選んだ人、つまり、身長170cm位の人でフレームサイズSを買うかMを買うかで迷ってSを買った人は問題無いと思います。と言うか、むしろドロップハンドルにした方がジオメトリ的には合う位です。
逆に「迷ったら大きい方!」でフレームサイズを選んだ人は苦労すると思います。
詳しくは「ESCAPE R3のドロップハンドル化メモ。」を参照。


とりあえず買った物のメモ...。

ドロップハンドル:

3T バー ERGONOVA PRO 31.8

3TのERGONOVA PRO。ちなみに購入したのは40cm(C-C)です。
購入時の価格:カワハラダで8,085円。
購入した時期が悪かったのかどこも売り切れ状態だったのですが、こちらのお店に在庫を聞いてみたらなんと在庫ありとの返答が。そしてそのままこちらのお店で購入となりました。少し調べてみたら他のお店では完全に在庫切れ状態でもなぜか在庫がある事が多いお店みたいです。ちなみに近所の自転車屋さんに聞いてみたら入荷は3ヶ月後ですねぇっと言われました(汗)。

ざっと使ってみた感じでは手が大きい人向けだと思います。
ブラケット部分が平らで下ハン部分が丸い...っといわゆるアナトミックシャローなのですが、ブラケット部分から鋭角にドロップしてる為か下ハンを握った状態でレバーを握ろうとするとレバーが遠いです。
私は手が大きい方なので問題無い...どころか丁度良い位なのですが手が小さい人には向かないと思います。


ステム:

3T ARX2 PRO(+/-17°)ステム 90mm(ST-3T-090)

3TのARX2 PRO。
購入時の価格:Be.BIKE(ビーバイク)楽天市場店で5,512円。

3TのARX PROの後継モデルです。
3Tのステムと言えば他よりも若干長いで有名なのですが、ステムを下向きに取り付けてステムの下側をハンドルの芯からコラムの芯までの長さで90mmだったのでいつもの3Tの長さだと思います。

取り付けにはトルクスレンチが必要なので注意。必要なのはT25とT30です。
いわゆるいたずら防止用ネジとか開封防止用ネジです。普通の六角レンチでは無理です。


サドルとハンドルの落差:
これは好みによる事が大きいのですが、初心者なら0cm ~ 4cmで調整した方が良いと思います。
ちなみに大体の目安として中級者で5cm ~ 9cm、プロレーサーで10cm~だそうです。15cm~になるとツール・ド・フランスに参加する選手レベル。
ちなみにハンドルの落差を計る場合は地面からサドルまでの距離と地面からハンドルまでの距離を計って比べれば簡単です。


骨盤:
フラットハンドルの時はあまり意識する必要の無かった「骨盤を立てて乗る」という乗り方。ドロップハンドルでは重要になります。
...なのですが、最近は「骨盤を寝かして乗る」という乗り方の方が良いという説もあり、「骨盤を立てて乗る」派と「骨盤を寝かして乗る」派で分かれてるみたいです。

骨盤を立てて乗る。
イメージ的にはママチャリに乗ってるポジションから腰を曲げずに背中を丸めてハンドルを握る...と言う感じです。
本来腕や手で支えるはずの体重を体で支える事になるので体幹が出来てないとキツイ乗り方です。けど、骨盤はママチャリポジションなのでペダルを回しやすく、体で支えた体重をペダルへ逃がせばより出力を得られるという乗り方のようです。

骨盤を寝かして乗る。
背筋を伸ばし腰を曲げてハンドルを握る...と言う乗り方です。つまり、イメージ的にはお尻を後ろへ突き出す感じの乗り方です。
フラットハンドルからドロップハンドルにした場合、何も考えずに乗ったら多分この乗り方になると思います。
腕や手で体重の一部を支える事になるので腕や手への負担が大きい乗り方です。けど、より遠く、より低いハンドルを握る事が出来る(つまり前傾姿勢を取りやすい)のでそれによって空気抵抗を減らしたりペダルへの出力を得られるという乗り方のようです。

どちらが正しい...のではなく、どちらが向いてるかが重要なようです。


STIレバー:

シマノ アルテグラ デュアルコントロールレバー ST-6700 ダブル

6700アルテグラのSTIレバー。
購入時の価格:カワハラダで29,820円。
購入した時期が6800系アルテグラが発売してすぐ...っと悪かった為かどこも売り切れ状態。海外通販で買おうにも円安絶頂期で定価よりも高い値段で売ってる状態...。困った...。っとカワハラダを覗いてみたら在庫がありました(笑)。そしてそのまま購入。

他のSTIレバーを使った事が無いので他のSTIレバーとの比較は出来ませんが、ざっと使ってみた感じでは手が大きい人向けかな?っと思います。
特にシフト操作の振り幅が結構大きいので手が小さいと操作し難いと思います。まぁ、ロードバイクのメインはヨーロッパなので(日本人から見て)手が大きい人向けに作られるのは仕方が無いと思います。
ちなみに私は手が大きい方なので快適です。


ミニVブレーキ:

TEKTRO(テクトロ) 926AL BR-TK-221

テクトロのBMX用ミニVブレーキ。
購入時の価格:近所の自転車屋さんで1,500円。

テクトロは時期によってブラックだったりシルバーだったりと色がころころと変わるので購入の時は注意。ちなみに私が購入したのはシルバーです。

ESCAPE R3(2013年モデル)の純正ブレーキはテクトロRX1と言うミニVブレーキなのでSTIレバーで引くにしても純正のテクトロRX1のままでも問題無いと思いますが、調整をより楽にしたり、キャリーパーブレーキにより近いブレーキタッチにする狙いで後ブレーキ用として購入してみました。
ちなみに前ブレーキはフロントフォーク交換&キャリパーブレーキにする予定なのでそれまではとりあえず純正のテクトロRX1をそのまま使う予定です。

テクトロ926ALはアーム長80mmっと現在売られてるVブレーキでアーム長が一番短いVブレーキです。
Vブレーキの場合はアーム長が短くなるとワイヤーの引き量が少なく済み(ワイヤーの引き量に対して大きく動く)、ブレーキの効きが弱くなります。
ちなみにテクトロRX1はアーム長85mmです。つまり、テクトロRX1と比べるとワイヤーの引き量が少なく済み、ブレーキの効きが弱くなります。

追記:
シマノのST-7900・ST-6700・ST-5700・ST-4600・ST-3500以降のSTIレバーを使う場合はテクトロRX1(ESCAPE R3(2013年モデル)の純正ブレーキ)もしくはアーム長85mmのミニVブレーキで問題無いと思います。つまり、テクトロ926ALを使う必要は無いです。
シマノのロード用ブレーキは途中からワイヤーの引き量が変更されていて、上記のいわゆる新レバーといわれるSTIレバーは従来のSTIレバーと比べてワイヤーの引き量が多くなってます。つまりVブレーキに近くなってます。
その為、新レバーを使う場合はアーム長85mmのミニVブレーキで問題無いと思います。と言うか、旧レバーと比べてレバーの引き量は同じでワイヤーの引き量が増えたと言う事はてこ比が小さくなってワイヤーを引っぱる力が弱くなったと言う事なので新レバーにテクトロ926ALを使うとブレーキの効きが弱くてむしろ向かないです。
まぁ、テクトロ926ALは旧レバー用のミニVブレーキ(本来はBMX用のブレーキですが...)と思った方が良いと思います。

という事で、新レバーを使う場合はテクトロRX1(ESCAPE R3(2013年モデル)の純正ブレーキ)で問題無いと思います。
リムとブレーキシューの隙間調整がシビアと言えばシビアですが、ESCAPE R3(2013年モデル)の純正ブレーキレバーと大して変わらないので元々ブレーキの調整が出来ていた人なら問題無いと思います。
と言うか、フロントフォークをロードバイク用のフロントフォークへ交換して前ブレーキはキャリパーブレーキ(BR-6700)、後ブレーキはテクトロRX1と言う組み合わせで使ってますが、調整をバッチリやっておけばレバーの引き量はほとんど同じです。

ミニVブレーキのアーム長。
MTB用の普通のVブレーキは105mm。ここまで長いとてこ比が大きくなるのでワイヤーの引き量が多く必要になりSTIレバーで引くのは難しいと思います。...が、逆に言うとてこ比が大きいと言う事は引けさえすればもの凄く強烈にブレーキが効くので強烈なブレーキ目当てで気合で調整して使ってる人も居ます。
普通のミニVブレーキは85mm。テクトロは主にこれです。テクトロRX1もこれです。
シマノのミニVブレーキ(コンパクトVブレーキ)は90mm。ただし、シマノは公式ではSTIレバーとの互換性は無いとされてます。何の為のブレーキなんだろう...っと調べてみると、BR-R353(SORAグレード)・BR-R463(ティアグラグレード)・BR-R573(105グレード)の3つあるのですが、フラットバーロード用のブレーキレバーであるBL-3500・BL-4600・BL-R780用のVブレーキみたいです。で、BL-3500・BL-4600・BL-R780を調べてみると、BR-6700やBR-5700など新レバー用のキャリパーブレーキに対応してます。って事は新レバーのSTIレバーで引けそうな気がするのですが...。まぁ、シマノはダメと言ってるので使うなら自己責任になると思います。
まぁ、Vブレーキの場合はアーム長が短くなるとワイヤーの引き量が少なく済む代わりにブレーキの効きが弱くなる、アーム長が長くなるとワイヤーの引き量が多く必要になる代わりにブレーキの効きが強くなる、っともの凄く単純な構造なので色々と試してみると良いかもしれません。

ブレーキ周りをいじるついでに買っておくと便利な物。

SAGISAKA(サギサカ) Vブレーキパーツ 前後SET 12325

インナーリード。
購入時の価格:近所のホームセンターで200円位。
前ブレーキ用の135度のインナーリードと後ブレーキ用の90度のインナーリードのセットです。
今まで使ってたESCAPE R3純正の後ブレーキのインナーリードは錆び錆び、前ブレーキのインナーリードはもの凄くちゃちなインナーリードだったのでブレーキワイヤーの交換ついでにインナーリードも交換しました。


SHIMANO(シマノ) S70C(BR-M770)ブレーキシューセット(ペア)

XTグレードのカートリッジ式ブレーキシュー。
購入時の価格:近所の自転車屋さんで2,000円ほど。
2013年8月現在最新のXTグレードは780なのですが、その一つ前の770系XTグレードのブレーキシューです。
780系XTグレードはVブレーキもラインナップされてるのでその内に780系XTグレードのブレーキシューも出ると思います。
ブレーキシューを変えるとブレーキ性能ががらりと変わるのでブレーキ周りをいじるついでに変えてみると面白いと思います。
まぁ、高性能なブレーキシューは換えゴムのみと言うのが多いのでとりあえずカートリッジ式のブレーキシューに交換するだけでも後々便利だと思います。
付属のブレーキシュー(ゴムの方)はS70C。ドライ走行用のブレーキシューです。ウェットでのブレーキ性能を捨ててるだけあってドライ用のブレーキシューとしてはとてもバランスの良いブレーキシューです。ただ、ウェットでのブレーキ性能を捨ててるブレーキシューなので雨の日に乗る場合は要注意。


SWISS STOP(スイスストップ) RX PLUS GHP2

いわゆるスイスストップ緑のVブレーキ版。
購入時の価格:Amazonで2,638円。ちなみに4個入りです。
ブレーキシューの換えゴムのみなので別途カートリッジ式Vブレーキシューのホルダーが必要です。
ブレーキレバーを握った分だけブレーキの効きが強くなるタイプのブレーキシュー。逆に言うと初期制動が弱いので「ガッツンブレーキ」が好みの人には向かないと思います。


あると便利な物:

Bikeguy バイクライトホルダー(ライト別売り)

GENTOSなどのLED懐中電灯をハンドルに固定するホルダー。
購入時の価格:Amazonで536円。

ベルクロ(マジックテープ)で固定するタイプのホルダーです。


GENTOS(ジェントス) 閃 355 【明るさ100ルーメン/実用点灯10時間】 SG-355B

ライトはこちらを使っていてドロップハンドル化する前はこちらに付属しているパイプホルダーを使っていたのですが、クランプ径31.8mmのドロップハンドルにはこちらに付属しているパイプホルダーは使えないのでBikeguyバイクライトホルダーを買ってみました。

使用感。
GENTOS 閃 355に使ってみた感じではピッタリサイズ。
GENTOS用で作られてるのでは?っと思う位にピッタリでした。

ずれる。
ベルクロで固定するタイプなので仕方が無いと思いますが、ずれます。
段差の乗り上げなど強い衝撃を与えると「こんにちは」してしまう位にずれます。
私の場合は昼間でも常に取り付けたままにする派なのでちょっと気になりますが、ずれると言ってもそれなりの衝撃を与えた場合での話しなので昼間は外して夜間走行の時だけ取り付ける人なら気にならないかもしれません。

キャットアイのフレックスタイトで固定。
ベルクロではどうしてもずれてしまうので後述のキャットアイのベルに付属していたベルト(フレックスタイト)で固定してみました。
Bikeguyバイクライトホルダーのベルクロと比べるとベルトの幅が半分位の細さです。さらにBikeguyバイクライトホルダーの台座は柔らかいゴムで出来てます。
その為、フレックスタイトで締め付けるとベルクロを通す穴が押し潰されてしまいかなり無理がかかってる感じになります。
まぁ、一応固定は出来たので耐久性とかを気にしなければこのままでも良いような気がしますが、個人的にはなんか嫌だったので余っていた下敷きを小さく切ってフレックスタイトとBikeguyバイクライトホルダーの間に挟んでみました。これでも結構無理がかかってる感じですが現在様子見中。


CATEYE(キャットアイ) ベル [真鍮製 シルバー] OH-2400

ベル。
購入時の価格:近所の自転車屋さんで700円。

なぜか日本の道路交通法では自転車にベル(厳密に言うと警音器)の装着が義務付けられてます。ベルごときでは自動車どころか二輪車にも聞こえないので自動車や二輪車相手には無意味、歩行者相手には「通りま~す」と言う声で十分だと思うので必要無いと思うのですがなぜなんでしょう...?。
というのはとりあえず置いといて、こういうのは普段使わなくても事故った時に無いと警察やら保険屋やらで面倒な事になるので付けておいた方が無難だと思います。

つづく...。

ESCAPE R3の10速化。実行編。

ついにやってしまいました。
どうせやるならとことんやろう!。という事で、フルアルテグラ(一部デュラエース)です。総額...いや、何でもありません。
本当は6800系アルテグラにしたかったのですが使ってるホイールがWH-6700っと11速には対応していないので6700系アルテグラになりました。
まぁ、「アルテグラ6800 vs アルテグラ6700。重量の比較。」で比較したのですが重量的には大差無いみたいなので...。

続きを読む »

ESCAPE R3のブレーキシューメモ。

ESCAPE R3(2013年モデル)のブレーキはTEKTRO RX1というミニVブレーキなのでVブレーキ用のブレーキシューが使えます。
ちなみにESCAPE R3(2013年モデル)に標準で付いてるブレーキシューはテクトロ 825と言うブレーキシューでした。調べてみたらテクトロ 825と言う型番のブレーキシューは見つからなかったのですが特注部品かな?。

それなら無難にシマノ...と思いきや、シマノのブレーキシューはMTBに特化されてる為かクロスバイクには向かないそうです(使えない事はないけどブレーキの効きが強すぎたりリムへの攻撃性が高いとか)。
ちなみにテクトロはブレーキの効きが悪くブレーキシューの消耗が早いのが特徴のようです。



TEKTRO(テクトロ) 824.12 ブレーキパッド

チェックした時の価格:Amazonで446円。
テクトロ 825に良く似たVブレーキシュー。テクトロで一番廉価なVブレーキシューかな?。あえて選ぶ必要は無いと思いますがESCAPE R3の標準で不満が無ければこれで良いと思います。


TEKTRO(テクトロ) 836.12 BLACK BR-TK-152

チェックした時の価格:Amazonで840円。
テクトロのVブレーキシューで標準グレードのブレーキシューのようです。
ドロップハンドル化の時に買った

TEKTRO(テクトロ) 926AL BR-TK-221

これに付属していたブレーキシューです。まだ取り付けてないので使用感などはまた今度。
追記:
もの凄くブレーキの効きが弱いブレーキシューでした。何というかプラスチックのかたまりでリムを押さえつけてるような効きの弱さです。個人的には使い物にならなかったので即行で交換しました。


TEKTRO(テクトロ) ブレーキパッド 877.12

チェックした時の価格:Amazonで1,338円。
ブレーキシューが消耗したらゴムの部分だけ交換が出来るVブレーキ用のカートリッジ式ブレーキシューホルダーです。
高性能なブレーキシューは換えゴムのみと言うのが多いのでとりあえずコレに交換して色々なブレーキシューを試してみるのもアリかも。
テクトロは時期によってホルダーの色がブラックだったりシルバーだったりと色がころころと変わるので購入の時は注意。

テクトロ MINI-V BRAKE/RX5 1ホイール分 シルバー(BR-TK-151)

多分このブレーキに付属してるブレーキシューと同じです。
追記:

TEKTRO(テクトロ) 720.12 BR-TK-155

テクトロRX5付属のブレーキシューはこちらへ変更されたらしいです。
Vブレーキ用のカートリッジ式ブレーキシューホルダーなのですが、ブレーキシュー(ゴムの方)はキャリパーブレーキ用というちょっと変わったブレーキシューホルダーです。
シマノ互換のキャリパーブレーキ用ブレーキシューの換えゴムが使えるみたいなのでこれはこれで面白いブレーキシューホルダーだと思います。


-----

SHIMANO(シマノ) BR-M970 M70R2 ブレーキシューセット(ペア) Y8E49801A

チェックした時の価格:Amazonで2,546円。
シマノ版XTRグレードのVブレーキ用のカートリッジ式ブレーキシューホルダー。M70R2というブレーキシュー(ゴムの方)付きです。
2013年8月現在最新のXTRグレードは980なのですが、980系XTRはVブレーキが無くなってしまったので一つ前の970系XTRのブレーキシューです。

ちなみに...。

SHIMANO(シマノ) S70C(BR-M770)ブレーキシューセット(ペア)

チェックした時の価格:Amazonで2,001円。


SHIMANO(シマノ) M70R2(BR-M770)ブレーキシューセット(ペア)

チェックした時の価格:Amazonで1,849円。

XTグレードのVブレーキ用のカートリッジ式ブレーキシューホルダーです。S70CとM70R2の違いは付属のブレーキシュー(ゴムの方)の違いです(下の「シマノのカートリッジ式ブレーキシューの換えゴム」を参照)。
2013年8月現在最新のXTグレードは780なのですが、その一つ前の770系XTのブレーキシューホルダーです。
780系XTはVブレーキもラインナップされてるのでその内に780系XTのブレーキシューホルダーも出てくると思います。...が、2013年8月現在Amazonには無かったです。
ちなみに780系XTのブレーキシューホルダーの型番はM70CT4付きがY8K398010、S70C付きがY8K398020。

シマノのVブレーキ用カートリッジ式ブレーキシューの換えゴム。

SHIMANO(シマノ) ブレーキシュー [BRR550 S70C(Severe)] Y8A298030

チェックした時の価格:Amazonで715円。
ドライ用。
シマノ曰く「ドライにて高い制動力を発揮し、音鳴りが発生しにくい。泥状況下ではシューの磨耗量が大きい。」


SHIMANO(シマノ) M70CT4(シビアコンディション用)ブレーキシュー&抜止めピン(ペア)代替パーツNo.:Y8AA98200

チェックした時の価格:Amazonで670円。
ウェット用...みたいですが、「音鳴りが発生しにくくリムの消耗が少ない」と言う説明文も入ってるので多分S70CとM70R2の中間。
シマノ曰く「サイドウォールマシンドリムに対してのみウェット時の制動力が高く、DIN規格を満たす事が可能。音鳴りが発生しにくい。リムの消耗が少なく、フェードが発生しにくい。」


SHIMANO(シマノ) M70R2(シビアコンディション用)ブレーキシュー&抜止めピン(ペア)

チェックした時の価格:Amazonで500円。
ドライ&ウェット&高制動&高耐摩耗。とにかくすげぇ効くけどそれ以外は知ったこっちゃ無いブレーキシューかな?。
シマノ曰く「ドライ、ウェット共に、高い制動力を発揮し、且つ耐摩耗性も高いレース用シュー。音鳴りが発生しやすい傾向がある。」

シマノの換えゴムはこの3つみたいです。
ちなみに「シビアコンディション用」というのが付いてると1mm厚い版みたいです(M70CT4はシビアコンディション用のみ)。
シマノのVブレーキシューは良くも悪くもMTBに特化してるので「リムの消耗が少ない」と言ってもMTBでの話しだと思います。


-----

BBB ブレーキパーツ クアドストップ シュー トリプル グレー BBS-12T 205059

チェックした時の価格:Amazonで1,586円。ちなみに4個入りです。
ブレーキシューの換えゴムのみなので別途Vブレーキ用のカートリッジ式ブレーキシューホルダーが必要です。
ちなみにBBBの場合はシマノなど他社のホルダーとの互換性は謳われていないので注意。シマノのホルダーで使えたと言う人も居れば使えないという人も居たり...。
公式ページを見てもどんな効き具合のブレーキシューなのかは書かれて居ないので性能は不明。


BBB ブレーキパーツ クアドストップ ハイパフォーマンス シュー BBS-12HP 205058

チェックした時の価格:Amazonで1,403円。ちなみに4個入りです。
ハイパフォーマンス版。こちらもブレーキシューの換えゴムのみです。定価を見ると上のノーマル版の方がグレードは上なのかな?。
ブレーキの効きが30%強くなった版みたいです。ただ、ブレーキの効きが強くなるとリムへの攻撃性が上がる(もしくはブレーキシューの減りが早くなる)傾向にあるのでその辺も考えて選んだ方が良いかもしれません。


-----
Kool Stop - Vブレーキ標準コンパウンドインサート (ペア)
Amazonでの取り扱い無し。
チェックした時の価格:Wiggleで963円。
ブレーキシューの換えゴムのみなので別途Vブレーキ用のカートリッジ式ブレーキシューホルダーが必要です。
クロスバイク用のVブレーキシューとして評判の良いブレーキシュー。
Kool Stopの場合はブレーキパッドの色でドライ用、ウェット用、その中間が決まってます。詳しくは下の「Kool Stopのブレーキパッドの色」を参照。

Kool Stop - V ブレーキデュアルコンパウンドインサート(ペア)
Amazonでの取り扱い無し。
チェックした時の価格:Wiggleで1,205円。
ブレーキシューの換えゴムのみなので別途Vブレーキ用のカートリッジ式ブレーキシューホルダーが必要です。
ブラックとサーモンの混合タイプ。
Kool Stopの場合はブレーキパッドの色でドライ用、ウェット用、その中間が決まってます。詳しくは下の「Kool Stopのブレーキパッドの色」を参照。

Kool Stopのブレーキパッドの色。
Kool Stopの場合はブレーキパッドの色でドライ用、ウェット用、その中間が決まってます。
ブラックがドライ用。サーモン(茶色)がウェット用。それ以外の色が中間(全天候)。ちなみにグリーン(Ceramic)だけ特殊でこちらはセラミックリム用です。
なので「Vブレーキ標準コンパウンドインサート」の場合はブラックを選べばドライ用、サーモンを選べばウェット用、それ以外の色を選べば中間になります。
「Vブレーキデュアルコンパウンドインサート」の場合はブラックとサーモンの混合です。
ちなみに「トリプルコンパウンド」と言うのもあり、こちらはブラック・サーモン・シルバーの混合です。シルバーは「それ以外の色(中間)」です。


-----

SWISS STOP(スイスストップ) RX PLUS GHP2

チェックした時の価格:Amazonで2,638円。ちなみに4個入りです。
ブレーキシューの換えゴムのみなので別途Vブレーキ用のカートリッジ式ブレーキシューホルダーが必要です。
Kool Stopと並んでとても高性能なブレーキシュー。
と言うか、こちらはAmazonでも扱ってるのね。
ちなみにSWISS STOPのアルミリム用ブレーキシューは黒(Original Black)・緑(GHP2)・青(BXP)があり、黒はドライ用かな?、青がウェット用、緑がその中間みたいです。
これ以外に黄(Yellow King)はカーボンリム用でドライ&ウェット用、黒でもBlack Princeと言うのがあってそちらはカーボンリム用で低温&ウェット用、水色(Blue Sky)がセラミックリム用みたいです。
そしてFlashProがシマノのキャリパー用でRxPlusがVブレーキ用です。ちなみにRaceProはカンパニョーロ用です。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。