スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ESCAPE R3のブレーキシュー交換。

ESCAPE R3(2013年モデル)のブレーキはテクトロRX1というミニVブレーキなのでVブレーキ用のブレーキシューが使えます。
ちなみにテクトロRX1のブレーキシューを見てみたら825と言う型番が彫られていました。調べてみたらテクトロで825と言う型番のブレーキシューは見つからなかったのですが特注部品かな?。


TEKTRO(テクトロ) 824.12 ブレーキパッド

チェックした時の価格:Amazonで446円。
多分これかな?。これに良く似てます。

まずはテクトロRX1に付属していたブレーキシューの感想。
ドライ走行の時の使用感です。
典型的なガッツンブレーキ。
ただし、初期制動は良いのですが一度ガツンと効いた後はブレーキレバーを握ってもあまり強くなりません。そしてある程度(ほぼフルパワー)ブレーキレバーを握ると突然ブレーキがマックス状態で効くようになりタイヤロック。
その為、速度のコントロール性が非常に悪い、初期制動以外は大して効かない、パニックブレーキの時は簡単にタイヤロック、というブレーキシューだと思います。
けどまぁ、普通に乗る分には特に問題無いブレーキシューだと思います。
音鳴りは特に無し。リムを削ってるようなシャー音は少ないです。
リムとの相性なのかESCAPE R3(2013年モデル)標準のホイールの時は止まる直前に「ガガガガガ」と言うブレーキ鳴きがたまにしていたのですがホイールをシマノWH-6700へ変えてからはそう言うブレーキ鳴きはなくなりました。
私は雨の日には乗らないのでウェット走行での効き具合は解りません。


-----

TEKTRO(テクトロ) 926AL BR-TK-221

ドロップハンドル化の時に買ったテクトロのBMX用ミニVブレーキ。
購入時の価格:近所の自転車屋さんで1,500円。

ちなみにテクトロ926ALはアーム長80mmっと現在売られてるVブレーキでアーム長が一番短いVブレーキです。
Vブレーキの場合はアーム長が短くなるとワイヤーの引き量が少なく済み(ワイヤーの引き量に対して大きく動く)、ブレーキの効きが弱くなります。
テクトロRX1はアーム長85mmです。つまり、テクトロRX1と比べるとワイヤーの引き量が少なく済み、ブレーキの効きが弱くなります。

そして、テクトロ926ALに付属していたブレーキシューを見てみたら836と言う型番が彫られてました。


TEKTRO(テクトロ) 836.12 BLACK BR-TK-152

チェックした時の価格:Amazonで840円。
たぶんこれ。
テクトロのブレーキシューで標準グレードのブレーキシューのようです。ちなみにテクトロRX1に付属してるブレーキシューよりグレードは上です。

テクトロ926AL付属のブレーキシュー(多分836.12)の感想。
ブレーキはテクトロ926AL、ブレーキレバーはSTIレバーのST-6700...っとESCAPE R3純正とはかなり違う構成での感想なので注意。
ドライ走行の時の使用感です。
とにかく効きが弱いです。テクトロRX1に付属していたブレーキシューと比べても明らかに効きが弱いです。何というかプラスチックのかたまりでリムを押さえつけてるような効きの弱さです。
意図的にブレーキの効きを弱くしたい場合は良いかもしれませんがそうで無い場合は避けた方が良いかもしれません。
音鳴りは特に無し。リムを削ってるようなシャー音は少ないです。
ブレーキシューを触ってみたら意外とゴムっぽい感じで軟らかかったです。ブレーキシューの硬さとブレーキタッチって一致しないんですね。


-----

シマノ アルテグラ ブレーキキャリパー BR-6700 (フロント)

※キャリパーブレーキです。
購入時の価格:近所の自転車屋さんで5900円位。
ロード用のフロントフォークへ交換した時に買ったシマノのキャリパーブレーキです。
ESCAPE R3用としては番外編として見てください。


SHIMANO(シマノ) R55C3(BR-7900)ブレーキシュー&固定ネジ(ペア)

※キャリパーブレーキ用です。
チェックした時の価格:Amazonで792円。
BR-6700付属のブレーキシューはこちら。
ちなみにBR-6700付属のブレーキシューはカートリッジ式なのでブレーキシューを交換する場合はゴムの部分だけ交換で済みます。

シマノのロード用(キャリパーブレーキ用)のカートリッジ式ブレーキシュー(ゴムの方)はR55C -> R55C2 -> R55C3 -> R55C4っとバージョンアップしていく仕組みなのでドライ用とかウェット用とかは存在しないようです。ちなみに2013年11月現在最新のブレーキシューはR55C4です。

BR-6700付属のブレーキシュー(R55C3)の感想。
ブレーキはBR-6700、ブレーキレバーはSTIレバーのST-6700です。前ブレーキとして使っての使用感です。
ドライ走行の時の使用感です。
かなりのガッツンブレーキ。
速度が遅い状態だと簡単にジャックナイフ出来る位にガツンと効きます。
そしてガツンと効いてから更にブレーキレバーを引いていくとムニ~っと効きが強くなっていくのでガッツンブレーキの割にはとてもコントロールしやすいです。その為、ガッツンブレーキの割にはゴムっぽいブレーキタッチだと思います。
音鳴りは止まる直前に「キュ」と言う音がします。リムを削ってるようなシャー音はかなり大きいです。シャー音は静かな場所でブレーキをかけると通行人が振り向くレベル。
シャー音が大きいのでリムへの攻撃性がちょっと気になりますが、一応ロードバイク用のブレーキシューなので大丈夫...かな?。とりあえず様子見。
ブレーキシューを触ってみたら意外とプラスチック並に硬かったです。ブレーキシューの硬さとブレーキタッチって一致しないんですね。にしても、ブレーキシューが硬い&シャー音が大きいと言う事はやっぱりリムへの攻撃性がちょっと気になります。
初期制動やコントロール性などブレーキの効き具合は◎。個人的にブレーキの効き具合に関しては前ブレーキ用としては文句無し。ただしシャー音が大きいのが最大の欠点。
追記:
近所の自転車屋さんへ行って色々とブレーキシューを触ってみました。で、ブレーキシューの柔らかさは、S70C(Vブレーキ用) > R55C3(キャリパーブレーキ用) ≧ M70CT4(Vブレーキ用。実際に触ったのはMT70T4) > MT70T3(Vブレーキ用)
シマノのブレーキシューの中ではR55C3は柔らかい方だと思います。と言うか、上の方で「プラスチック並に硬かった」と書きましたがシマノのブレーキシューの中ではR55C3はどちらかと言うとゴムっぽい硬さだと思います。
ブレーキシュー自体は柔らかいのにシャー音が大きいのはアルミ片を噛みやすいと言う事かな?。けど、新品の状態でもシャー音が大きかったので単純にそれだけでは無いと思うのですが謎です。


-----

SHIMANO(シマノ) S70C(BR-M770)ブレーキシューセット(ペア)

購入時の価格:近所の自転車屋さんで2,000円ほど。
XTグレードのカートリッジ式ブレーキシューです。
2013年8月現在最新のXTグレードは780なのですが、その一つ前の770系XTグレードのブレーキシューです。
780系XTグレードはVブレーキもラインナップされてるのでその内に780系XTグレードのブレーキシューも出ると思います。けど、2013年8月現在770系XTグレードのブレーキシューの方が入手性が良く、ブレーキシュー(と言うかホルダー)で770も780も大して変わらないだろう...という事でこちらを購入しました。

高性能なブレーキシューは換えゴムのみと言うのが多いのでブレーキシューを色々と試したい場合はカートリッジ式ブレーキシューのホルダーが必要になります。
という事でどちらかと言うとホルダー欲しさで購入です。

ちなみに、型番S70Cのブレーキシューセットなので...。

SHIMANO(シマノ) ブレーキシュー [BRR550 S70C(Severe)] Y8A298030

チェックした時の価格:Amazonで715円。
ゴムはこちらが付いてます。シマノ曰く「ドライにて高い制動力を発揮し、音鳴りが発生しにくい。泥状況下ではシューの磨耗量が大きい。」と言うブレーキシューのようです。まぁ、ぶっちゃけ、ドライ用。

シマノのVブレーキ用のブレーキシュー(ゴムの方)は2013年11月現在、S70C、M70CT4、M70R2の3種類あります。
S70Cはシマノ曰く「ドライにて高い制動力を発揮し、音鳴りが発生しにくい。泥状況下ではシューの磨耗量が大きい。」と言うブレーキシュー。ぶっちゃけ、ドライ用。
M70CT4はシマノ曰く「サイドウォールマシンドリムに対してのみウェット時の制動力が高く、DIN規格を満たす事が可能。音鳴りが発生しにくい。リムの消耗が少なく、フェードが発生しにくい。」と言うブレーキシュー。多分ドライ・ウェットのバランス型。ちなみにシマノのVブレーキシューは良くも悪くもMTBに特化してるので「リムの消耗が少ない」と言ってもMTBでの話しだと思います。
M70R2はシマノ曰く「ドライ、ウェット共に、高い制動力を発揮し、且つ耐摩耗性も高いレース用シュー。音鳴りが発生しやすい傾向がある。」と言うブレーキシュー。ぶっちゃけ、レース用のブレーキシュー。当然MTBのレース用のブレーキシューです。

ブレーキシューS70Cの感想。
ブレーキはテクトロ926AL、ブレーキレバーはSTIレバーのST-6700...っとESCAPE R3純正とはかなり違う構成での感想なので注意。
ドライ走行の時の使用感です。
初期制動はBR-6700付属のブレーキシュー(R55C3)とテクトロ926AL付属のブレーキシュー(多分836.12)の中間位。それほどガツンと来るタイプではないです。
けど、初期制動から更にブレーキレバーを引いていくと「グググググ」と言う感じに効きが強くなっていくのでとてもコントロールしやすいです。いわゆるゴムっぽいブレーキタッチだと思います。
音鳴りは特に無し。リムを削ってるようなシャー音は少ないです。
ブレーキシューを触ってみたらちょっと硬い消しゴムという感じで軟らかかったです。シマノのVブレーキシューは良くも悪くもMTBに特化してるのでクロスバイク(と言うかロード用ホイール)で使うとブレーキの効きが強すぎたりリムへの攻撃性が高いなど使い物にならないのが多かったりするのですが、その中でも比較的まとも(軟らかい)ブレーキシューだと思います。ただし、ドライ用のブレーキシューなので注意。多分雨天走行などウェット走行では使い物になら無いと思います。

シマノBR-R573(アーム長90mmのミニVブレーキ)とST-6700の組み合わせでも試してみました。上記のテクトロ926AL(アーム長80mmのミニVブレーキ)と比べるとアーム長が2段階ほど長くなってるのでブレーキの効きがかなり強くなってます。ちなみにブレーキ本体の効きの強さはBR-6700(キャリパーブレーキ)とST-6700の組み合わせと大体同じだと思います。
下のスイスストップ RxPlus GHP2を使った後に試したので主にスイスストップ RxPlus GHP2との比較になります。
ドライ走行の時の使用感です。
スイスストップ RxPlus GHP2と比べるとブラインドテストをしたら多分わからないと思う位にスイスストップ RxPlus GHP2と良く似たブレーキ性能だと思います。
初期制動はかなりマイルド。と言うか弱いと言っても良いかも。ここまで効きの強いブレーキ本体にしても初期制動は弱いのでガッツンブレーキが好みの人は合わないと思います。まぁ、良くも悪くもスイスストップ RxPlus GHP2に良く似てます。
初期制動から更にブレーキレバーを引いていくと「ムニ~」っと効きが強くなっていくのでとてもコントロールしやすいです。こちらもスイスストップ RxPlus GHP2に良く似てます。
シャー音は相変わらず小さいです。微妙に後輪からシャーと言う音が聞こえますが、ほぼ無音と言っても良い位に静かです。
まぁ、スイスストップ RxPlus GHP2と同様に完全にコントロール性重視のブレーキシューだと思います。なのでガッツンブレーキが好みの人は合わないと思います。逆に「ムニ~」っと効くブレーキタッチが好みの人は合うと思います。
スイスストップ RxPlus GHP2との違いをあえて探すとシマノS70Cの方が全体的にブレーキの効きが若干弱いかな?っと思います。特に初期制動から更にブレーキレバーを引いて「ムニ~」っと効きが強くなっていく感じがスイスストップ RxPlus GHP2の場合は右上がりの反比例グラフみたいな感じにレバーを握れば握るほどどんどん効きが強くなっていくのですが、シマノS70Cの場合は同じ右上がりの反比例グラフでもカーブが若干ゆるい感じがします。けどまぁ「気がする」レベルの差です。
ちなみにシマノS70Cはドライ用のブレーキシュー、スイスストップ RxPlus GHP2はドライ・ウェットのバランス型のブレーキシューと言う大きな違いがあるのでその点は注意。
個人的にドライ走行に限定してかつ後ブレーキ用のブレーキシューとしては◎。
追記:
スイスストップ RxPlus GHP2へ戻してみました。やはりスイスストップ RxPlus GHP2の方がブレーキの効きが若干強いと思います。特にスイスストップ RxPlus GHP2はブレーキレバーを握りこんでいくとどんどんブレーキの効きが強くなっていくのですがシマノS70Cの場合はその辺がマイルドです。
ちなみにシャー音はシマノS70Cの方が小さいです。
どちらが良いかは好みによるかな?。シマノS70Cを使ってみてブレーキタッチは良いけどブレーキの効きが若干弱いと感じたらスイスストップ RxPlus GHP2の方が良いと思うし、逆にスイスストップ RxPlus GHP2を使ってみてブレーキタッチは良いけどブレーキの効きが強すぎると思ったらシマノS70Cの方が良いかもしれません。


-----

SWISS STOP(スイスストップ) RX PLUS GHP2

購入時の価格:Amazonで2,638円。いわゆるSWISS STOP緑のVブレーキ版。
ブレーキシューの換えゴムのみなので別途カートリッジ式Vブレーキシューのホルダーが必要です。ちなみに4個入りです。

雨の日には乗らない私としてはシマノのS70Cで不満は無かったのですが、ホイールのオーバーホール(ハブのグリスアップ)でホイールを外したついでにこちらへ交換してみました。
ちなみに個体差かもしれませんがS70Cと比べると1mmほど厚く微妙に短いです。

SWISS STOPのアルミリム用ブレーキシューは2013年11月現在、黒(Original Black)、緑(GHP2)、青(BXP)の3種類あります。
黒(Original Black)はSWISS STOP曰く「Ideal pad for everday use. Compound works well on all aluminum rims and well suited for softer alloys, including magnesium.」と言うブレーキシュー。ぶっちゃけ、リムにやさしいドライ用。
緑(GHP2)はSWISS STOP曰く「High performance, all weather compound for aluminum wheels. Great braking power with smooth modulation.」と言うブレーキシュー。ぶっちゃけ、ドライ・ウェットのバランス型。
青(BXP)はSWISS STOP曰く「High performance compound for alloy wheels. Improved power and modulation with excellent wet weather stopping power.」と言うブレーキシュー。ぶっちゃけ、ウェット用。
そしてFlashProがシマノのキャリパーブレーキ用でRxPlusがVブレーキ用です。ちなみにRaceProはカンパニョーロ用です。

雨の日には乗らないので黒(Original Black)で良いかな?っと思ったのですが、緑(GHP2)はドライ用としても評判が良かった事とVブレーキ用の黒(Original Black)は入手性が悪かったのでとりあえず緑(GHP2)を試す事にしました。

使用感:
ブレーキはテクトロ926AL、ブレーキレバーはSTIレバーのST-6700...っとESCAPE R3純正とはかなり違う構成での感想なので注意。
ドライ走行の時の使用感です。
触った感じはシマノのS70Cを若干固くした感じでした。リムへの攻撃性がありそうな固さでは無かったですが、ゴムの質がややザラザラしてます。
初期制動はかなりマイルド。S70Cに似てます。初期制動から更にブレーキレバーを引いていくと「グググググ」と言う感じに効きが強くなっていくのでとてもコントロールしやすいです。これもS70Cに似てます。
シャー音はS70Cよりも大きくBR-6700付属のブレーキシュー(R55C3)よりも小さいです。テクトロ926ALと言う超ミニVブレーキなのでこの程度で済んでるのだと思うのですが、普通のVブレーキだとシャー音が気になるかもしれません。
良くも悪くもS70Cに似てると思います。S70Cと比べるとシャー音が大きい変わりにウェット走行でも使えるブレーキシューという感じかな?。

テクトロRX1(アーム長85mmのミニVブレーキ)とST-6700の組み合わせでも試してみました。上記のテクトロ926AL(アーム長80mmのミニVブレーキ)と比べるとアーム長が長くなってるのでブレーキの効きが強くなってます。
ドライ走行の時の使用感です。
やはり初期制動はかなりマイルド...と言うか弱いです。ガッツンブレーキが好みの人は合わないかも。
初期制動から更にブレーキレバーを引いていくと「ムニ~」っと効きが強くなっていくのでとてもコントロールしやすいです。個人的に笑っちゃう位にもの凄くゴムっぽいブレーキタッチだと思います。それ位コントロール性はとても良いと思います。
シャー音はBR-6700付属のブレーキシュー(R55C3)よりも小さいですが後輪から小さくシャーっと聞こえてくる位にはします。
まぁ、完全にコントロール性重視のブレーキシューだと思います。良くも悪くも初期制動が弱いのでこの辺で好みが分かれるかもしれません。
個人的には後ブレーキ用のブレーキシューとしては向いてると思いますが、前ブレーキはどちらかと言うとガッツンブレーキの方が良いと思うので前ブレーキ用としてはちょっと微妙かもしれません。

シマノBR-R573(アーム長90mmのミニVブレーキ)とST-6700の組み合わせでも試してみました。上記のテクトロRX1(アーム長85mmのミニVブレーキ)と比べるとアーム長がさらに長くなってるのでブレーキの効きもさらに強くなってます。ちなみにブレーキ本体の効きの強さはBR-6700(キャリパーブレーキ)とST-6700の組み合わせと大体同じだと思います。
ドライ走行の時の使用感です。
やはり初期制動はかなりマイルド。ここまで効きの強いブレーキ本体にしても初期制動は弱いままなのでガッツンブレーキが好みの人は合わないと思います。
初期制動から更にブレーキレバーを引いていくと「ムニ~」っと効くのは相変わらずです。ほんと、笑っちゃう位にもの凄くゴムっぽいブレーキタッチだと思います。
シャー音は後輪から小さくシャーっと聞こえてくる程度。テクトロRX1(アーム長85mmのミニVブレーキ)の時とあまり変わりません。ここまで効きの強いブレーキ本体にしてもBR-6700付属のブレーキシュー(R55C3)と比べて明らかに小さいのでリムへの攻撃性は気にするほどでは無いと思います。
まぁ、完全にコントロール性重視のブレーキシューと言っても良いと思います。なのでガッツンブレーキが好みの人は合わないと思います。逆に「ムニ~」っと効くブレーキタッチが好みの人はドンピシャで合うと思います。
個人的に後ブレーキ用のブレーキシューとしては◎。


-----

クールストップ KS-DR2B PAD DURA2 BLK シマノ対応 アルミリム用ブレーキシュー

購入時の価格:ワールドサイクルで617円 + 送料210円(メール便)。
※キャリパーブレーキ用です。
ESCAPE R3用としては番外編として見てください。

いわゆるクールストップ黒(ドライ用のブレーキシュー)です。
シマノ用ブレーキシューの換えゴムのみなので別途シマノのカートリッジ式キャリパーブレーキシューのホルダーが必要です。
クールストップのブレーキシューは日本では入手性が悪いので海外通販を利用した時のついでで買おうと思っていたのですがワールドサイクルで海外通販よりも安く売っていたので買ってみました。

クールストップのシマノ用ブレーキシューは2013年11月現在DURAとDURA2の2種類があるのですが、違いはリムに当る部分の高さがDURAは9.8mmでDURA2は7.65mm。それとシューの厚さがDURA2の方が厚く出来てるそうです。
シマノR55C3とDURA2を比べるとリムに当る部分の高さもシューの厚さもほとんど同じなのでシマノR55C3から交換する場合はDURA2で良さそうです。
ちなみにWH-6700(シマノのホイール)のブレーキ面の高さは約10mmなのでシマノのロード用ホイールの場合はDURAの方を買ってしまうとブレーキシューのセッティングにかなり苦労すると思います。

クールストップのアルミリム用ブレーキシューは2013年11月現在、黒、サーモン(茶色)、それ以外の色(シルバーなど)の3種類あるのですがDURA2の場合は黒とサーモン(茶色)の2種類だけです。
クールストップの場合は単純に色だけでドライ用とかウェット用とかが分かれてるので購入の時は注意(カラーバリエーションだと思って買うと痛い目に遭います)。
黒はクールストップ曰く「Our standard compound which is great for all weather conditions, but designed for dry condition riding.」と言うブレーキシュー。ぶっちゃけ、ドライ用。
サーモン(茶色)はクールストップ曰く「Our most famous Salmon compound is also one of our most aggressive compounds for extreme all weather conditions especially in the wet, but still superb in the dry.」と言うブレーキシュー。ぶっちゃけ、ウェット用。
ちなみにそれ以外の色(シルバーなど)はクールストップ曰く「Our colored pads are a semi–aggressive compound that will give you good performance in all weather conditions.」と言うブレーキシュー。ぶっちゃけ、ドライ・ウェットのバランス型。一番需要がありそうなブレーキシューだと思うのですが、クールストップの場合は2色混合タイプとか3色混合タイプというブレーキシューがあるのでドライ・ウェットのバランス型が欲しかったらそちらを買えと言う事なんだと思います(ちなみにこちらはDURA2にもあります)。
2色混合タイプ(黒とサーモン)はクールストップ曰く「A fusion of our two finest compounds which will give superb braking in all weather conditions. This combination produces a more controlled smooth stop!」と言うブレーキシュー。こちらもドライ・ウェットのバランス型。ちなみに黒1:サーモン2の割合なのでどちらかと言うとウェット寄りかな?。
3色混合タイプ(黒・サーモン・シルバー)はクールストップ曰く「Our triple compound is our most aggressive compound combination for superb braking and controlled stopping in all weather conditions.」と言うブレーキシュー。こちらもドライ・ウェットのバランス型。黒1:サーモン1:シルバー1の割合なのでこちらはドライ・ウェットの中間タイプかな?。

私の場合は雨の日には乗らないので黒を購入しました。
ブレーキの効きに関しては今まで使っていたシマノR55C3で満足していたのですがシマノR55C3の場合はリムを削ってるようなシャー音がかなり大きくリムへの攻撃性が気になったのでクールストップへ交換してみました。
ちなみにクールストップはリムへの攻撃性が低くてブレーキの効きが強いと言う噂です。

使用感:
ブレーキはBR-6700、ブレーキレバーはSTIレバーのST-6700です。前ブレーキとして使っての使用感です。
ドライ走行の時の使用感です。
シマノR55C3とスイスストップ緑を足して2で割ったようなブレーキ性能だと思います。
初期制動はシマノR55C3よりは弱いけどスイスストップ緑よりは強い感じです。それほどガツンと来るタイプでは無いけどそれなりに強いという感じです。
初期制動から更にブレーキレバーを引いていくと「グググググ」っと右上がりの比例グラフみたいな感じに強くなっていきます。右上がりの比例グラフ的に強くなっていくのでスイスストップ緑と比べるとややタイヤロックしやすいのですが、人によってはスイスストップ緑(右上がりの反比例グラフ的な効き具合)よりも扱いやすいかもしれません。ちなみに速度のコントロール幅はスイスストップ緑と同じ位に広いので右上がりの比例グラフ的と言うのを許容できるならスイスストップ緑並みのコントロール性だと思います。けど、個人的にはコントロール性が要求される後ブレーキ用としてはスイスストップ緑の方が扱いやすいかな?っと思います。
ブレーキシューを触ってみたらプニプニなゴムと言う感じにかなりやわらかかったです。外したシマノR55C3と比べるとシマノR55C3がプラスチックのかたまりに思う位にかなりやわらかいです。
クールストップ黒の説明文にリムにやさしいとは特に書かれてなかったですがブレーキシューを触った感じではリムにやさしそうです。ただ、ここまでやわらかいと耐久性は低そうです。
音鳴りは止まる直前に「キュ」と言う音がします。リムを削ってるようなシャー音は意外と大きいです。大体シマノR55C3とスイスストップ緑の中間位です。ブレーキシューを触った感じから想像するよりはかなり大きいと思います。
一言でこのブレーキシューをまとめると、ズバリ「無難」。そんなブレーキシューだと思います。
ガッツンブレーキもしくはコントロール性のどちらかを求める人には向かないと思いますが、この2つの中間を取ってるブレーキ性能なので無難でバランスの良いブレーキシューだと思います。
個人的に無難でバランスの良いブレーキシューとして前後のブレーキ両方に使うブレーキシューとしては◎。
逆に前ブレーキはガッツンブレーキ、後ブレーキはコントロール性重視と前後でブレーキシューを分ける人には向かないと思います。
ちなみにクールストップ黒はドライ用のブレーキシューなのでその点は注意。一応雨の日でもおまけ程度で効くという噂ですが私は雨の日には乗らないのでウェット走行での効き具合は解りません。


-----
まとめ。

Vブレーキ用とキャリパー用が混ざったまとめになってしまいますが、Vブレーキ用もキャリパー用も同じ銘柄のブレーキシューならコンパウンドは変わらないだろう...というのを前提でまとめようと思います。
ちなみにシマノR55C3だけは2013年12月現在Vブレーキ用に同じ銘柄(同じコンパウンド)のブレーキシューが存在しないのでこちらは番外として見てください。


個人的な感想です。

初期制動:
シマノR55C3 > クールストップ黒 > スイスストップ緑 > シマノS70C

コントロール性:
スイスストップ緑 ≧ クールストップ黒 > シマノS70C > シマノR55C3

ブレーキレバーを握り込んだ状態での制動力:
クールストップ黒 ≧ スイスストップ緑 > シマノR55C3 > シマノS70C

初期制動・コントロール性・ブレーキレバーを握り込んだ状態での制動力を考慮に入れたトータルでの制動力:
クールストップ黒 > シマノR55C3 > スイスストップ緑 > シマノS70C

リムを削ってるようなシャー音の少なさ:
シマノS70C < スイスストップ緑 < クールストップ黒 < シマノR55C3


それぞれのブレーキシューの特徴:
クールストップ黒: 無難。バランス型。前後のブレーキに◎。ドライ用なので注意。シャー音がやや大きい。入手性が非常に悪い。
スイスストップ緑: コントロール性が命のゴムゴムブレーキ。後ブレーキに◎。ドライ・ウェットのバランス型。
シマノR55C3: 初期制動が命のガッツンブレーキ。ベル代わりになるシャー音。シャー音が気にならなければ前ブレーキに◎。ドライ・ウェットのバランス型。
シマノS70C: リムフレンドリー。スイスストップ緑を若干弱くしたようなブレーキ性能。上記のブレーキシューに比べれば制動力が弱いがそれを気にしなければ後ブレーキに◎。ドライ用。
スポンサーサイト

ESCAPE R3のVブレーキ交換。

私のESCAPE R3はドロップハンドル化をしてあるので使用するブレーキレバーはSTIレバー(ST-6700)です。なのでESCAPE R3標準のブレーキレバーではありません。
ちなみにESCAPE R3標準のブレーキレバーの場合はESCAPE R3標準のブレーキ(2013年モデルの場合はテクトロRX1)のままで問題無いと思います。つまり、交換する必要は無いと思います。
ESCAPE R3標準のブレーキレバーとESCAPE R3標準のブレーキの組み合わせでブレーキ性能に不満が出たらブレーキシューを変えてみると良いかもしれません。下手にブレーキ本体を変えるよりもブレーキシューを変えた方がブレーキ性能ががらりと変わります。

ちなみにブレーキシューについては「ESCAPE R3のブレーキシュー交換。」こちらを参照。


という事でSTIレバー(ST-6700)での話です。

まずはVブレーキの構造とSTIレバーのワイヤーの引き量について。
Vブレーキはてこの原理(第2種てこ)を利用したブレーキです。その為、アーム長が短くなるとてこ比が小さくなるのでワイヤーの引き量が少なく済む代わりにブレーキの効きが弱くなります。
逆にアーム長が長くなるとてこ比が大きくなるのでワイヤーの引き量が多く必要になる代わりにブレーキの効きが強くなります。

STIレバーはキャリパーブレーキ用のレバーなのでVブレーキ用のレバーよりもワイヤーの引き量が少ないです。
けど、Vブレーキはアーム長が短くなるとワイヤーの引き量が少なく済むのでアーム長を短くしていけばいつかはキャリパーブレーキと同じ引き量になります。
そしてVブレーキはミニVブレーキという名前でアーム長が短いVブレーキが売られてます。しかもアーム長の長さもほぼ5mm間隔で売っていたりします。

ただし、STIレバーの販売元であるシマノはSTIレバーでVブレーキを使う事を保証してません。
なのでSTIレバーでVブレーキを使う場合はアーム長何ミリのVブレーキを使えば良いのか公式には分かりません。
つまり、アーム長何ミリのVブレーキを使えば良いのかは自己責任で手探りで探す必要があります。

そしてSTIレバーのワイヤーの引き量の変更。
実はシマノのロード用ブレーキは途中からワイヤーの引き量が変更されていて、ST-7900・ST-6700・ST-5700・ST-4600・ST-3500以降のSTIレバーは従来のSTIレバーと比べてワイヤーの引き量が多くなってます。
それと、レバーの引き量は同じなのにワイヤーの引き量が増えたと言う事はレバー側のてこ比が小さくなったと言う事なので新STIレバーは旧STIレバーと比べてワイヤーを引く力も弱くなってます。つまりVブレーキに近くなってます。
この辺もSTIレバーでVブレーキを使う時にごちゃごちゃになりやすい部分です。
ミニVブレーキで問題無く使えたと言う人も居れば、ミニVブレーキでもワイヤーの引き量が足りなくてまともに使えないと言う人やSTIレバーでミニVブレーキを引いたらブレーキの効きが強すぎて簡単にタイヤロックすると言う人も居るのはこの辺が絡んだ事だと思います。

ちなみに私が使ってるSTIレバーはST-6700なのでワイヤーの引き量が変更されてワイヤーの引き量が多くなったSTIレバーです。


という事で色々と試してみた事についての感想です。
何度も言いますが、ブレーキレバーにSTIレバー(ST-6700)を使ってます。
----------
テクトロRX1(ESCAPE R3(2013年モデル)標準のミニVブレーキ)。
アーム長85mm。

まずはESCAPE R3(2013年モデル)標準のミニVブレーキ。

使用感:
ブレーキシューは「SWISS STOP(スイスストップ) RX PLUS GHP2」を使用。
良くも悪くもESCAPE R3標準のブレーキレバーと同じ。
リムとブレーキシューの隙間調整もESCAPE R3標準のブレーキレバーと同じだと思います。
ブレーキの効き具合もESCAPE R3標準のブレーキレバーと同じだと思います。
フロントフォークをロードバイク用のフロントフォークへ交換して前ブレーキはキャリパーブレーキ(BR-6700)、後ブレーキはテクトロRX1と言う組み合わせで使ってますが、調整をバッチリやっておけばレバーの引き量はほとんど同じです。
ただ、ブラケットポジションの場合はブレーキの効きが若干弱いと感じる時もあるのでブラケットポジションがメインの場合はアーム長90mmのミニVブレーキの方が良いかもしれません。
とは言っても85mmでもタイヤロックしそうな位にブレーキが効くのでドロップハンドル化(STIレバー化)したらとりあえずテクトロRX1で様子を見るのが良いかもしれません。
ちなみにBR-6700(キャリパーブレーキ)と比べてブレーキの効きは...。ブレーキシューが違うので正確な比較ではないですが、BR-6700にR55C3(BR-6700付属のブレーキシュー)を使った限りではBR-6700の方が若干強いです。


その他のアーム長85mmのミニVブレーキ:

TEKTRO(テクトロ) V-ブレーキ RX3

テクトロRX3。
ちなみにテクトロは時期によってブラックだったりシルバーだったりと色がころころと変わるので購入の時は注意。
チェックした時の価格:Amazonで1,517円。
塗装と付属のブレーキシュー以外はテクトロRX1と同じかな?。ちなみにテクトロRX1は市販されてないのでブレーキが壊れたなどの理由で安く交換したい場合はこちらになると思います。


TEKTRO(テクトロ) RX5 SILVER BR-TK-151

テクトロRX5。
ちなみにテクトロは時期によってブラックだったりシルバーだったりと色がころころと変わるので購入の時は注意。
チェックした時の価格:Amazonで2,745円。
テクトロRX1からあえて交換する場合はこちらかな?。ブレーキシューがカートリッジ式になっていたり、スプリングテンションの調整ネジが六角ネジになっていたりと地味に性能が良いです。


----------

TEKTRO(テクトロ) 926AL BR-TK-221

テクトロのBMX用ミニVブレーキ。アーム長80mm。
ちなみにテクトロは時期によってブラックだったりシルバーだったりと色がころころと変わるので購入の時は注意。
購入時の価格:近所の自転車屋さんで1,500円。

アーム長80mm。っと、市販されてるVブレーキでアーム長が一番短いVブレーキだと思います(これより短いVブレーキを知りません)。
つまり、Vブレーキの中で一番ワイヤーの引き量が少なく済み、ブレーキの効きも一番弱いVブレーキになると思います。

使用感:
ブレーキシューは「SWISS STOP(スイスストップ) RX PLUS GHP2」を使用。
とにかくブレーキの効きが弱いです。個人的に前ブレーキには使いたくないレベルです。
けどまぁ、後ブレーキに使ってかつ平地しか走らないならこれでも良いかな...っと思いますがそれでもブレーキの効きは弱いと思います。
前ブレーキはキャリパーブレーキ(BR-6700)、後ろブレーキはテクトロ926ALと言う組み合わせで斜度10%前後の峠を何度も下りましたが下ハンを握れば問題無かったので下ハンがメインの場合は問題無いかもしれません。まぁ、逆に言うとブラケットポジションで峠の下りはかなり厳しいです。
ここまでアーム長が短いと見た目がスマートになるので見た目は良いのですが実用性を考えたらアーム長85mmの方が良いと思います。


----------

シマノ BR-R573 R/LEAD SS1 Vブレーキ(リア) シルバー(EBRR573RX11SSP)

シマノのミニVブレーキ(コンパクトV)。アーム長90mm。ちなみにロードコンポの105グレード。
前ブレーキ用と後ブレーキ用で分かれてるので購入の時は注意。リンク先は後ブレーキ用です。
購入時の価格:近所の自転車屋さんで4,500円位。

一応グレードは105なのですがシルバーの実際の色は6700系アルテグラと同じ緑シルバーなので色的には6700系アルテグラの方が合うと思います。
もしくは新しく出ると思われる5800系105が6700系アルテグラと同じ色になるのかな?。
ちなみにブレーキシューのホルダーも6700系アルテグラと同じ緑シルバーです。なにげにBR-R573(シルバー)専用部品になってます。
ブレーキシューホルダーの型番は...。M70R2付きがY8KY98030。M70CT4付きがY8KY98050。S70C付きがY8KY98070。

シマノはSTIレバーでVブレーキを使う事を保証してないのですが、なぜかミニVブレーキ(コンパクトV)は売ってるという色々と矛盾してると思う品物。
ちなみにフラットバーロード用のブレーキレバーであるBL-3500・BL-4600・BL-R780用のVブレーキみたいです。
で、BL-3500・BL-4600・BL-R780を調べてみると、BR-6700やBR-5700などワイヤーの引き量が変更されてワイヤーの引き量が多くなった新レバー用のキャリパーブレーキに対応してます。って事は新レバーのSTIレバーで引けそうな気がするのですが...。
でもまぁ、シマノはダメと言ってるのでSTIレバーで使う場合は自己責任になります。
追記:
BL-3500やBL-4600などシマノのコンパクトVブレーキに対応したブレーキレバーはブレーキレバーの内部にVブレーキモードとキャリパーブレーキモードの切り換えスイッチがありワイヤーの引き量を変更できるようになってます。けど、STIレバーにはその切り換えスイッチはありません。
もしかしたらこの辺が関係してシマノはSTIレバーでVブレーキを使う事を保証してないのかもしれません。
ただ、もしそうならコンパクトVブレーキはMTB用のVブレーキと同じワイヤーの引き量で引け...と言うことになるので、そうなるとコンパクトVブレーキはただブレーキが弱いだけのVブレーキになってしまい、これだとますますコンパクトVブレーキが存在する意味がなくなるような...。

アーム長90mmのVブレーキなのでテクトロRX1などアーム長85mmのVブレーキでブレーキの効きが弱いと思ったらこちらになると思います。

使用感:
ブレーキシューは「SWISS STOP(スイスストップ) RX PLUS GHP2」を使用。
個体差かもしれませんがESCAPE R3(2013年モデル)に取り付ける場合はスプリングの強さがちょっと微妙です。
台座にあるスプリングテンション調整用の穴で真ん中に差すとスプリングの強さがゆるゆる。一番上に差すとキツキツです。
仕方が無いのでブレーキ側にあるスプリングテンション調整用のネジを一番しめた状態にしてから真ん中の穴に差して片側のブレーキのネジだけで片効き調整をするようにして使ってます。まぁ、これでも実用上は問題無いですが...。
リムとブレーキシューの隙間調整は隙間を可能な限り狭くしてブレーキレバーの遊びを少なくしたい人にはちょっと大変ですが、その辺はあまり気にせず普通に使う分には問題無いと思います。
BR-6700(キャリパーブレーキ)と比べてレバーの引き量は若干多めに必要な気がしますが調整をバッチリやっておけば特に違和感は無いです。ブラケットポジションでカックンカックンとレバーを引く分には違和感は全く無いです。けど、下ハンを握ってガッツリレバーを引いた時は引き量に差がやや出ます。まぁ、それでもあまり気にならないです。
ブレーキの効きは意外とテクトロRX1(アーム長85mm)との差は小さいです。テクトロ926AL(アーム長80mm)からテクトロRX1(アーム長85mm)へ変えた時はブレーキの効きが大きく変わったのでシマノBR-R573(アーム長90mm)の場合はレバーを少し引いただけでタイヤロックしそうな位にガッツリ効くブレーキを予想していたのですが意外と普通です。
BR-6700(キャリパーブレーキ)と比べてブレーキの効きは...。ブレーキシューが違うので正確な比較ではないですが、BR-6700にR55C3(BR-6700付属のブレーキシュー)を使った限りではBR-6700の方が若干強いと思います。...が、シマノR55C3はもの凄いガッツンブレーキに対してスイスストップ RxPlus GHP2はじわじわと効くコントロール性重視のブレーキシューなので多分ブレーキシューの差だと思います。実際レバーを強く握った時は差はあまり感じられないのでブレーキシューを同じにすれば多分同じ強さだと思います。

一緒に買っておくと便利な物:

ダイアコンペ リードパイプ DIA-COMPE 105度

105度のインナーリード。リア側へ取り付ける場合は一緒に買っておくと便利です。
チェックした時の価格:Amazonで235円。
リア用のシマノBR-R573には90度のインナーリードが付属してるのですがシマノBR-R573はかなり横へ広がった構造になってるので90度のインナーリードでESCAPE R3(2013年モデル)へ取り付けるとワイヤーとの接続口が外側へ行ってしまいワイヤーのルーティングに無理がかかります。
で、105度のインナーリードを使ってワイヤーとの接続口を少し内側へ向けてやるとワイヤーのルーティングがスムーズになります。
ちなみに90度や135度のインナーリードはよく売ってるのですが105度のインナーリードはなかなか売って無いので注意。ブレーキを取り付けてる時に気がついて後から買おうとするともの凄く面倒くさいです。


TEKTRO(テクトロ) CABLE PROTECTOR 7 BR-TK-057

テクトロの110度のインナーリード。
チェックした時の価格:Amazonで621円。
実際に使ってるのはテクトロ926ALに付属していた90度よりも角度が大きいけど135度よりも角度が小さい謎なインナーリードなのでこちらかもしれません。


その他のアーム長90mmのミニVブレーキ:

SHIMANO(シマノ)BR-R463 コンパクトVブレーキ リア 【シルバー】EBRR463RX41SSP

ロードコンポのティアグラグレード。
前ブレーキ用と後ブレーキ用で分かれてるので購入の時は注意。リンク先は後ブレーキ用です。
チェックした時の価格:Amazonで2,445円。
色とブレーキシュー以外にBR-R573との違いは何だろう...?。


SHIMANO(シマノ)BR-R353S-R Compact-V 90mm Silver w/S70T

ロードコンポのSORAグレード。
前ブレーキ用と後ブレーキ用で分かれてるので購入の時は注意。リンク先は後ブレーキ用です。
チェックした時の価格:Amazonで1,386円。
色とブレーキシュー以外にBR-R573やBR-R463との違いは何だろう...?。

テクトロ RX6
テクトロのアーム長90mmのVブレーキ。
2013年11月現在、Amazonでの取り扱い無し。
個人的にシマノと比べると見た目はテクトロRX6の方が好み。ただ、リターンスプリングの精度とかも含めるとシマノと迷う...。
追記:
シマノ(BR-R573)とテクトロ(RX1・926AL)を比べるとリターンスプリングの精度に差は無いと思います。と言うか、私の場合はたまたまなのかシマノ(BR-R573)の方が悪いです。まぁ、差があったとしても個体差レベルだと思います。
ただ、シマノ(BR-R573)とテクトロ(RX1・926AL)では台座へ取り付ける構造に違いがあります。シマノ(BR-R573)はしっかりと台座に固定して可動部分はブレーキ本体の内部にある構造。テクトロ(RX1・926AL)は台座のネジはただのフタでしかなく台座とブレーキ本体の間が滑って可動する構造。その為、シマノ(BR-R573)は見た目がゴツイ代わりにガタが起きない構造。テクトロ(RX1・926AL)は見た目がスマートな代わりに若干ガタが起きる構造になってます。


TRP CX9 Vブレーキ 前後セット BLUE(BR-TRP-072)

TRP(テクトロのレース用ブランド)の高級ミニVブレーキ。
ちなみに前後セットなので注意。
チェックした時の価格:Amazonで12,421円。
TRP CX9の場合はメーカー側でシマノの新STIレバーに対応が謳われてます。アーム長は90mmなので新STIレバーはやっぱり90mmが標準になるのかな?。
ちなみに同じTRPのCX8.4(アーム長84mm)と言う高級ミニVブレーキもありますが、こちらは旧STIレバー用なので注意。


----------
まとめ。

何度も言いますが、ブレーキレバーにSTIレバー(ST-6700)を使ってます。
シマノのロード用ブレーキは途中からワイヤーの引き量が変更されていて、ST-7900・ST-6700・ST-5700・ST-4600・ST-3500以降のSTIレバーは従来のSTIレバーと比べてワイヤーの引き量が多くなってます。
つまり、私が使ってるST-6700はワイヤーの引き量が変更されてワイヤーの引き量が多くなったSTIレバーです。


アーム長80mm(テクトロ926AL)
ブレーキの効き: ×
リムとブレーキシューの隙間調整: ◎
BR-6700(キャリパーブレーキ)と比べてレバーの引き量: 同じかやや少なめ。
BR-6700(キャリパーブレーキ)と比べてブレーキの効き: かなり弱い。

とにかくブレーキの効きが弱いので下ハンがメインなど特殊なケース以外はお勧めしません。


アーム長85mm(テクトロRX1)
ブレーキの効き: ○
リムとブレーキシューの隙間調整: ○
BR-6700(キャリパーブレーキ)と比べてレバーの引き量: ほぼ同じ。
BR-6700(キャリパーブレーキ)と比べてブレーキの効き: やや弱い。

一番バランスが良いと思うのでドロップハンドル化(STIレバー化)したらとりあえずアーム長85mmで様子を見るのが良いかもしれません。
そして、ブレーキの効きが弱いと感じたらまずはブレーキシューの交換。それでも弱いと感じたらアーム長90mmへ交換。と言う感じに。


アーム長90mm(シマノBR-R573)
ブレーキの効き: ◎
リムとブレーキシューの隙間調整: △
BR-6700(キャリパーブレーキ)と比べてレバーの引き量: やや多く必要。
BR-6700(キャリパーブレーキ)と比べてブレーキの効き: ほぼ同じ。

強めのブレーキが欲しい場合はこちら。ただし、リムとブレーキシューの隙間調整がややシビアです。
BR-6700(キャリパーブレーキ)と同じブレーキの強さにしたい場合もこちらだと思います。


さらにまとめると...。
アーム長85mmかアーム長90mmの二択で良いと思います。
バランスが良いのはアーム長85mm。けど、アーム長85mmの場合はブラケットポジションでブレーキの効きが若干弱いと感じる時もあるのでそこが気になるようならアーム長90mmの方が良いかもしれません。
ただ、アーム長90mmにすると今度はリムとブレーキシューの隙間調整がややシビアになります。隙間調整がシビアになると言う事は調整が難しくなるのはもちろん、ワイヤーが伸びた時やブレーキシューが減った時など再調整の頻度も高くなるし、ホイールの振れ取りの頻度も高くなります。
まぁ、ESCAPE R3(2013年モデル)の標準ブレーキはテクトロRX1と言うアーム長85mmのミニVブレーキなのでドロップハンドル化(STIレバー化)したらとりあえずテクトロRX1で様子を見た方が良いと思います。そしてブレーキの効きに不満を感じたらまずはブレーキシューの交換。それでもまだ不満が残るようならアーム長90mmへ交換...が良いと思います。

BR-6700(キャリパーブレーキ)と比べてVブレーキの方がワイヤーの引き量とブレーキの効きの効率が悪いのはホイールを交換してリム幅が狭くなったのが原因かな?。
デュアルピボットキャリパーブレーキはてこの原理(第1種てこ)を使ったブレーキ構造なのでやってる事はVブレーキ(第2種てこ)とほとんど同じです。
けど、私のESCAPE R3はホイールを交換してESCAPE R3標準のホイールよりもリム幅が狭くなってます。リム幅が狭くなるとVブレーキの支点(台座)と作用点(ブレーキシュー)の長さが長くなるのでてこ比が小さくなりブレーキの効率が下がります。
多分この辺が影響してるのだと思います。

ちなみに余談ですが。
ロードバイクのキャリパーブレーキはコントロール性重視でブレーキの効きが弱い。Vブレーキはブレーキの効きが強くてコントロール性が悪い。
なんて話は昔の話です。
今時のロードバイクのキャリパーブレーキはVブレーキも真っ青になる位にガツンと強烈に効きます。簡単にタイヤロックとかジャックナイフとか出来る位です。
元々デュアルピボットキャリパーブレーキはてこの原理(第1種てこ)を使ったブレーキ構造な上にST-7900やST-6700など新STIレバーに対応したキャリパーブレーキはブレーキ側のてこ比を大きくしてあるのでてこの原理を効率良く使うブレーキとなりもの凄く強烈に効きます。
さすがにMTB用のVブレーキは新型のキャリパーブレーキよりもさらにてこ比が大きいのでMTB用のVブレーキと比べると弱いですが、ミニVブレーキ相手ならほとんど同じかそれ以上に効きます。
その為、ロードバイク用のフロントフォークへ交換して前ブレーキをキャリパーブレーキ、後ブレーキをミニVブレーキにした場合、後ブレーキ(ミニVブレーキ)の方がブレーキの効きが強くなってしまうので後輪のタイヤがロックしやすくなる...なんて心配はいりません。むしろ、何も考えずに前キャリパー・後ミニVにすると自然と前(キャリパー)の方が強くなる位です。
ただ、上記の話はST-7900やST-6700など新STIレバーに対応したキャリパーブレーキでの話しなのでその点は注意。
ちなみにブレーキのコントロール性はどちらかと言うとブレーキシューによる事の方が大きいのでVブレーキでもブレーキシューを選べばコントロール性の高いブレーキにする事も可能です。

ESCAPE R3のブレーキシューメモ。

ESCAPE R3(2013年モデル)のブレーキはTEKTRO RX1というミニVブレーキなのでVブレーキ用のブレーキシューが使えます。
ちなみにESCAPE R3(2013年モデル)に標準で付いてるブレーキシューはテクトロ 825と言うブレーキシューでした。調べてみたらテクトロ 825と言う型番のブレーキシューは見つからなかったのですが特注部品かな?。

それなら無難にシマノ...と思いきや、シマノのブレーキシューはMTBに特化されてる為かクロスバイクには向かないそうです(使えない事はないけどブレーキの効きが強すぎたりリムへの攻撃性が高いとか)。
ちなみにテクトロはブレーキの効きが悪くブレーキシューの消耗が早いのが特徴のようです。



TEKTRO(テクトロ) 824.12 ブレーキパッド

チェックした時の価格:Amazonで446円。
テクトロ 825に良く似たVブレーキシュー。テクトロで一番廉価なVブレーキシューかな?。あえて選ぶ必要は無いと思いますがESCAPE R3の標準で不満が無ければこれで良いと思います。


TEKTRO(テクトロ) 836.12 BLACK BR-TK-152

チェックした時の価格:Amazonで840円。
テクトロのVブレーキシューで標準グレードのブレーキシューのようです。
ドロップハンドル化の時に買った

TEKTRO(テクトロ) 926AL BR-TK-221

これに付属していたブレーキシューです。まだ取り付けてないので使用感などはまた今度。
追記:
もの凄くブレーキの効きが弱いブレーキシューでした。何というかプラスチックのかたまりでリムを押さえつけてるような効きの弱さです。個人的には使い物にならなかったので即行で交換しました。


TEKTRO(テクトロ) ブレーキパッド 877.12

チェックした時の価格:Amazonで1,338円。
ブレーキシューが消耗したらゴムの部分だけ交換が出来るVブレーキ用のカートリッジ式ブレーキシューホルダーです。
高性能なブレーキシューは換えゴムのみと言うのが多いのでとりあえずコレに交換して色々なブレーキシューを試してみるのもアリかも。
テクトロは時期によってホルダーの色がブラックだったりシルバーだったりと色がころころと変わるので購入の時は注意。

テクトロ MINI-V BRAKE/RX5 1ホイール分 シルバー(BR-TK-151)

多分このブレーキに付属してるブレーキシューと同じです。
追記:

TEKTRO(テクトロ) 720.12 BR-TK-155

テクトロRX5付属のブレーキシューはこちらへ変更されたらしいです。
Vブレーキ用のカートリッジ式ブレーキシューホルダーなのですが、ブレーキシュー(ゴムの方)はキャリパーブレーキ用というちょっと変わったブレーキシューホルダーです。
シマノ互換のキャリパーブレーキ用ブレーキシューの換えゴムが使えるみたいなのでこれはこれで面白いブレーキシューホルダーだと思います。


-----

SHIMANO(シマノ) BR-M970 M70R2 ブレーキシューセット(ペア) Y8E49801A

チェックした時の価格:Amazonで2,546円。
シマノ版XTRグレードのVブレーキ用のカートリッジ式ブレーキシューホルダー。M70R2というブレーキシュー(ゴムの方)付きです。
2013年8月現在最新のXTRグレードは980なのですが、980系XTRはVブレーキが無くなってしまったので一つ前の970系XTRのブレーキシューです。

ちなみに...。

SHIMANO(シマノ) S70C(BR-M770)ブレーキシューセット(ペア)

チェックした時の価格:Amazonで2,001円。


SHIMANO(シマノ) M70R2(BR-M770)ブレーキシューセット(ペア)

チェックした時の価格:Amazonで1,849円。

XTグレードのVブレーキ用のカートリッジ式ブレーキシューホルダーです。S70CとM70R2の違いは付属のブレーキシュー(ゴムの方)の違いです(下の「シマノのカートリッジ式ブレーキシューの換えゴム」を参照)。
2013年8月現在最新のXTグレードは780なのですが、その一つ前の770系XTのブレーキシューホルダーです。
780系XTはVブレーキもラインナップされてるのでその内に780系XTのブレーキシューホルダーも出てくると思います。...が、2013年8月現在Amazonには無かったです。
ちなみに780系XTのブレーキシューホルダーの型番はM70CT4付きがY8K398010、S70C付きがY8K398020。

シマノのVブレーキ用カートリッジ式ブレーキシューの換えゴム。

SHIMANO(シマノ) ブレーキシュー [BRR550 S70C(Severe)] Y8A298030

チェックした時の価格:Amazonで715円。
ドライ用。
シマノ曰く「ドライにて高い制動力を発揮し、音鳴りが発生しにくい。泥状況下ではシューの磨耗量が大きい。」


SHIMANO(シマノ) M70CT4(シビアコンディション用)ブレーキシュー&抜止めピン(ペア)代替パーツNo.:Y8AA98200

チェックした時の価格:Amazonで670円。
ウェット用...みたいですが、「音鳴りが発生しにくくリムの消耗が少ない」と言う説明文も入ってるので多分S70CとM70R2の中間。
シマノ曰く「サイドウォールマシンドリムに対してのみウェット時の制動力が高く、DIN規格を満たす事が可能。音鳴りが発生しにくい。リムの消耗が少なく、フェードが発生しにくい。」


SHIMANO(シマノ) M70R2(シビアコンディション用)ブレーキシュー&抜止めピン(ペア)

チェックした時の価格:Amazonで500円。
ドライ&ウェット&高制動&高耐摩耗。とにかくすげぇ効くけどそれ以外は知ったこっちゃ無いブレーキシューかな?。
シマノ曰く「ドライ、ウェット共に、高い制動力を発揮し、且つ耐摩耗性も高いレース用シュー。音鳴りが発生しやすい傾向がある。」

シマノの換えゴムはこの3つみたいです。
ちなみに「シビアコンディション用」というのが付いてると1mm厚い版みたいです(M70CT4はシビアコンディション用のみ)。
シマノのVブレーキシューは良くも悪くもMTBに特化してるので「リムの消耗が少ない」と言ってもMTBでの話しだと思います。


-----

BBB ブレーキパーツ クアドストップ シュー トリプル グレー BBS-12T 205059

チェックした時の価格:Amazonで1,586円。ちなみに4個入りです。
ブレーキシューの換えゴムのみなので別途Vブレーキ用のカートリッジ式ブレーキシューホルダーが必要です。
ちなみにBBBの場合はシマノなど他社のホルダーとの互換性は謳われていないので注意。シマノのホルダーで使えたと言う人も居れば使えないという人も居たり...。
公式ページを見てもどんな効き具合のブレーキシューなのかは書かれて居ないので性能は不明。


BBB ブレーキパーツ クアドストップ ハイパフォーマンス シュー BBS-12HP 205058

チェックした時の価格:Amazonで1,403円。ちなみに4個入りです。
ハイパフォーマンス版。こちらもブレーキシューの換えゴムのみです。定価を見ると上のノーマル版の方がグレードは上なのかな?。
ブレーキの効きが30%強くなった版みたいです。ただ、ブレーキの効きが強くなるとリムへの攻撃性が上がる(もしくはブレーキシューの減りが早くなる)傾向にあるのでその辺も考えて選んだ方が良いかもしれません。


-----
Kool Stop - Vブレーキ標準コンパウンドインサート (ペア)
Amazonでの取り扱い無し。
チェックした時の価格:Wiggleで963円。
ブレーキシューの換えゴムのみなので別途Vブレーキ用のカートリッジ式ブレーキシューホルダーが必要です。
クロスバイク用のVブレーキシューとして評判の良いブレーキシュー。
Kool Stopの場合はブレーキパッドの色でドライ用、ウェット用、その中間が決まってます。詳しくは下の「Kool Stopのブレーキパッドの色」を参照。

Kool Stop - V ブレーキデュアルコンパウンドインサート(ペア)
Amazonでの取り扱い無し。
チェックした時の価格:Wiggleで1,205円。
ブレーキシューの換えゴムのみなので別途Vブレーキ用のカートリッジ式ブレーキシューホルダーが必要です。
ブラックとサーモンの混合タイプ。
Kool Stopの場合はブレーキパッドの色でドライ用、ウェット用、その中間が決まってます。詳しくは下の「Kool Stopのブレーキパッドの色」を参照。

Kool Stopのブレーキパッドの色。
Kool Stopの場合はブレーキパッドの色でドライ用、ウェット用、その中間が決まってます。
ブラックがドライ用。サーモン(茶色)がウェット用。それ以外の色が中間(全天候)。ちなみにグリーン(Ceramic)だけ特殊でこちらはセラミックリム用です。
なので「Vブレーキ標準コンパウンドインサート」の場合はブラックを選べばドライ用、サーモンを選べばウェット用、それ以外の色を選べば中間になります。
「Vブレーキデュアルコンパウンドインサート」の場合はブラックとサーモンの混合です。
ちなみに「トリプルコンパウンド」と言うのもあり、こちらはブラック・サーモン・シルバーの混合です。シルバーは「それ以外の色(中間)」です。


-----

SWISS STOP(スイスストップ) RX PLUS GHP2

チェックした時の価格:Amazonで2,638円。ちなみに4個入りです。
ブレーキシューの換えゴムのみなので別途Vブレーキ用のカートリッジ式ブレーキシューホルダーが必要です。
Kool Stopと並んでとても高性能なブレーキシュー。
と言うか、こちらはAmazonでも扱ってるのね。
ちなみにSWISS STOPのアルミリム用ブレーキシューは黒(Original Black)・緑(GHP2)・青(BXP)があり、黒はドライ用かな?、青がウェット用、緑がその中間みたいです。
これ以外に黄(Yellow King)はカーボンリム用でドライ&ウェット用、黒でもBlack Princeと言うのがあってそちらはカーボンリム用で低温&ウェット用、水色(Blue Sky)がセラミックリム用みたいです。
そしてFlashProがシマノのキャリパー用でRxPlusがVブレーキ用です。ちなみにRaceProはカンパニョーロ用です。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。